ストレートネックで首ガッチガチやぞ!(くやしーです!(仮)

testだんかいでえす 現在TEST段階は1.00.03くらいゴールがどこかわからなくなってきているので3年くらいTESTかも笑

ゆとり世代に共通する意識を追求する 09

今日でとどめをさしたいので 思いっきり陰謀論を展開します。

できるだけ避けましたが、陰謀を媒介にすることで話がはやく住みます。

さて今日でお仕舞いだ!!

人間はこの4次元に生まれて、まず酸素からエネルギーを取得します。

この「世界」と対峙します。

これができたら、次の段階では哺乳類なので、生んだ保護者に

生命の危機を援助してもらって成長します。

次に保護者からさまざまな教育を受けていきます。

ハイハイをすると、とても母親は喜んでくれます。

排泄物を自分で処理することや、道具を使い食物を食べたり

いろんな作用を覚えるたびに、両親の承認を受け、互いに幸せとなります。

言葉を覚えてきたら、まずなにかの名称をしゃべりだすでしょう。

「コップ」とか「ママ」とか。

この「世界」の名前を覚え、イメージできるようになります。

それまでは泣き叫ぶことでしか保護者に対して自分の苦しみを伝えることはできなかったのですが

手段としての言語を覚え、そこから派生するさまざまな言語を取得していくのです。

「コップはコップだけど、グラスはコップと違う」

ということも認識として脳で理解できるようになります。

エイディプス期に入るまで、なんでも自分の要求を呑んでくれていた「世界」ですが

自らのリピドーは、この世界にどうしても手に入らないものを要求していくのです。

そして親以外の他者という、コントロールできない存在が世界に現れ始めると

それまで、すべて自分の思い通りにいっていたこの「世界」はなくなり失望となります。

母親から得ていた、万能感はここで途絶えてしまいます。

すべてが思い通りにできる というリピドーは次第に葛藤となり、世界へむけて攻撃をしていきます。

この段階で、TVなどの情報が入った場合、TVの抽象世界で万能を得る神になりえます。

一家に一台のTVでしたが、自分の部屋にTVがある時代ですので

TVばっかりを見ていれば、そこに危険な洗脳装置があったとしてもすべて鵜呑みにしてしまう

危険にさらされてしまいます。

戦争に負けた日本という植民地をどうするかGHQは色々考えました。

ピリグリムファーザーズがアメリカで達成できなかったフロンティアを日本で展開するのです。

その中でも芸人を使ったような娯楽番組など、TV局が流す番組で

日本に対して、愚民政策を行っていたのです。

むかし学生運動があったころ、徹底的に学生に武力行使をしました。

なぜそんなに執拗に武力を使うのか、わかりませんが

この体験は団塊の世代に強烈な去勢体験を覚えさせました。

実はゆとり世代にも、強烈な去勢体験があると思います。

24時間生放送する番組では、番組の最後に「主人公はあなたです」

とアナウンスして強烈なインパクトを与えて終了していました。

エイディプス期に入って葛藤をしている最中の子供は、どんどんTVの中で肯定され

認証され、なんでもできそうな万能感を覚えます。

人口知能、ニューエイジノストラダムスの大予言、ハルマゲドン、衛星放送

この「世界」は科学によって確実に操作することができるのだ。

それに加え、昼間暇な主婦にも洗脳を加えて行きました。

TVのワイドショーでは、とにかくコントロールしやすい愚民を作るようなニセ情報を

垂れ流し、主婦を洗脳していきました。

いまだに韓流がはやるのも、まだこの政策は終わってないからです。

UFOのようなオカルト、スピリチュアル、来世はきっといい人生になるなどなど。

こうして、ダブルパンチを受けた子供は、まったく自分の頭で思考しなくなり

パンのような脳の、奴隷になります。

そこに加え、どんどん自己肯定ツールは世の中にでてきます

TVゲームでは、自分が主人公で特別で最高ー!という世界を味わえますし

映画では、世界を救うのはアメリカですし

インターネットでは自分の肯定するキーワードばかり検索します。

すると、自分を否定されたときに、ものすごいダメージを食らいます。

下手したら、3歳児くらいが受けるようなダメージをもろともです。

この「世界」に自分を否定し、殺そうとする悪魔の化身「サターン」がいるのだ。

そう思ってしまうでしょう。

しかし3歳児の団塊で、超自我に正しい感情の処理の仕方を会得していたら

そこまでグノーシス的主観をもたずに

安定したパーソナリティを会得して、無事社会人になれると思います。

しかし3~6歳児の団塊で、超自我になんらかの悪意のある情報が詰まってたら

どうしようもなく、途方も無い時間をゆっくりかけて、洗脳を解くしかない。

次回へつづく。