たまには許してやれよアベ政治。正月くらいはさ。

testだんかいでえす 現在TEST段階は1.00.03くらいゴールがどこかわからなくなってきているので3年くらいTESTかも笑

変なおじさんの役割

自民党衆議院議員小池百合子議員は「政治家には大物政治家と、そうでない政治家がいる」

と語っていた。同じ政治家という土俵にいるだけで、政治家に成ることが目的の議員と、そうではないもっと大きな目標をもつ議員では、大物と小物と峻別がつくくらい違ってくる。

同じようなことで、ただのおっさんも大物のおっさんと、そうではないおっさんがいる。

アダムスミス「国富論」で成された「分業」というシステムは

見えない社会構成員にも当てはまる。

それはもっとミクロでの村社会でも同じだ。

近所のおばさんには、世話役のひとがいたり、ただのミーハーおばさんだったり

人それぞれが、役割を自分で感じ取って、演じている。

コンビニの店員も、コンビにの店員の人がこの世界にいる のではなくて

コンビニの店員の、役をやっている 人 がいるのだ。

舞台でそれぞれが役をやって、最大の効果が発揮された場合に起こる「パレード最適化」

これをやっていかなければ、いけない。

その中でも、「変なおじさん」という役があります。

その役割は花咲さじいさんのように、絶望から希望の種を撒ける人なのです。