ストレートネックで首ガッチガチやぞ!(くやしーです!(仮)

testだんかいでえす 現在TEST段階は1.00.03くらいゴールがどこかわからなくなってきているので3年くらいTESTかも笑

統合失調とは共通前提のゲシュタルト崩壊

人類は共通の認識のため、言語を使いました。
火を起こしたい、というイメージを言語化して抽象化したことで
実際に、火を起こさずとも、
「火を起こしてイノシシの肉をやきたい」
という未来の行動を、他者の脳に送り込むことができるようになったのです。

それは共通の、火を起こして調理をする、という経験をしたもの同士が
わかりあえることで、
火そのものの存在を知らない場合は、なんだそれはとなるわけです。
もっとも抽象化をとげると、火をしらなくとも、それは何かアイテムだと
他のアイテムでゲシュタルトを構築し、それを認識できるのです。


産業革命以後、景気経済、や流行、という概念がうまれました。
たとえば、時計という商品を売るのに、時計をもっと人々に購入させるために
デザインを変えたりして、流行をつくりだしたのです。

ある村で、かっこいい最新の時計をしていて、おれは最高にかっこいいという
ゲシュタルトは、1年後にはまったく無価値になり、意味の無いものになる
これによって、村全体の共通の認識すら変わり、
ゲシュタルトは崩壊し、かっこいい最新の時計という人間は
統合失調状態になります。