ストレートネックで首ガッチガチやぞ!(くやしーです!アップ×2ガール(仮)

testだんかいでえす 現在TEST段階は1.00.03くらいゴールがどこかわからなくなってきているので3年くらいTESTかも笑

正しい家庭のありかたは産業革命が作った

アメリカのホームドラマ「      」でママはキッチンで魔法のように料理をつくってくれる。
チーズケーキ、アップルパイ、ターキー
家庭では、ママは料理を作ることが最大の幸せだったのだろうか?
戦後の日本、高度成長期には、各家庭に、電子レンジや、オーブン、冷蔵庫などの、家電が一気に普及した。
誰もが信じた。
そこに幸せはあると。
約束の大地。そこには1000年の幸福な王国があった。

90年代バブル崩壊後の日本は、グローバル化を計った。55年体制により、経済の成長により若干歪のある官僚アーキタイプ
更新されて、何も問題はないと、言えた。
しかしグローバル化によって、成長ということがなくなった。
経済成長によって、そこにあった家庭はもはや、張子の虎。空洞化した戦後の家庭の風景は
過去の亡霊を演じることにしか保てなかった。
家庭は崩壊し、何のための家族なのかもわからなくなってしまった姿が1993年にはあった。

中国の華僑や、帰国子女の家族は、すごく一致している気がして
それは全体性からはぐれたアノミー からすればうらやましいものだ。







(初期プロット)
冷蔵庫・クーラー・電磁レンジ
アメリカのホームドラマ「ママはまほうつかい」
のような
つーか



ヘーゲルによると、工業化に伴い、分業が行われると
その職業によるものによって、孤立する人々がかならずできるという

ヘーゲルによると「父親は外にでて収入を得る。そこで職業共同体と関わり、政治生活へ関与できる、そして国家は・・・」

ローマンカトリック国では、農家で自給自足をしていた。
工業化された都市部以外では、
自分の農地を持ち、手工業的な、ものだった。
家族の正しいありかた、という宗教も、それはローマンカトリックにおける
正しい家族との接し方にある。ユダヤ教徒ならば、土曜日の安息日に家族と共にすごし
仕事はしてはいけないとなっている。