ストレートネックで首ガッチガチやぞ!(くやしーです!アップ×2ガール(仮)

testだんかいでえす 現在TEST段階は1.00.03くらいゴールがどこかわからなくなってきているので3年くらいTESTかも笑

ハードボイルド21世紀 千年王国

米国同時多発テロ 911から1ヶ月が経った。

ロッキンオンで山崎さんのコラムや、ロキオンのインタビューなどで
気持ちを静めようと思ったが、どうもどうすることもできない。
ただはっきりしたことが、今生きている意味が全てアルカイダの命の存続に
かかってしまったのだ。


それまでフレッドダーストやなんかよくわかんないやつら牙城となっていた
欧米の音楽シーンはいっぺんし、
よくわからない徒労感に終わって一日が過ぎた。

そんな中で、なにか光を、希望を探す旅をしなくては、われわれはいけなかった。

そういうときに、ナタリーインブリーアから力強いシングルがリリースされた。
FMラジオから聞こえてきたその声は、希望でもない絶望でもない
ただ生きているその魂だった。




それは、泥のようなこの世界の業を、生きることによって、受け止め、前進していくような



ぼくは渋谷陽一の「ワールドロックNOW」を聞き始めていた。
911テロ直後。
エイフェックツインのニューアルバムが発売
この曲をMDに録音


すると、なんてことだ、ケミカルブラザーズの新譜「It Began In Africa」だ!!!すぐにMDに録音した。

10月11月と、秋が深まるたびに、希望でもない、なにか力強い声が聞こえてきた。
そう、宇多田ヒカルからのニューシングル Travellingだ。



911テロ後は、この希望のような音楽だけが生きる手立てだった。

2001年東京タワーの2001年の文字

ラジオから、またケミカルの新譜「スターギター」が!!!

<iframe width="480" height="360" src="https://www.youtube-nocookie.com/embed/0S43IwBF0uM" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>


12月にかけて光が、たしかなような光が見えてきた。帰ってきた、21世紀になって、再びかえってきたんだ。元にもどった。
そのときそう信じた。

ぼくは12月に、エリッククラプトンが大規模ワールドツアーを引退するというニュースを聞き、
なにがなんでもみたい!横浜アリーナで!(笑
と思い、まったく外にでてないのに、いきなり一人で東京までいったのだった。
横浜アリーナで見るクラプトン
次の週はレディオヘッドがKIDAツアー?できていたそうだ

みんな絶望なのか闇の中にいるようだった
なにが楽しくて、何がうれしいのかもわかんない

ぼくは渋谷の交差点に行った。
そこで何か風のような、光のようなものを感じた。