たまには許してやれよアベ政治。正月くらいはさ。

testだんかいでえす 現在TEST段階は1.00.03くらいゴールがどこかわからなくなってきているので3年くらいTESTかも笑

仕事といい言語構造から分析する近代過渡期

ワレワレは奴隷なのでしょうか。

過去の歴史に、農民の奴隷、農奴や、黒人の奴隷などの経験があり

その歴史の中で積み重ねなれた経験から、

近代社会みたいなのが生まれたのですね。

明治になるまで日本にはなかった概念が沢山、翻訳されたそうです。

「宗教」もそうです。宗教ってゆう概念がなかった日本らしいです。

そのときの英語などをにほんごにした人々に

福沢諭吉などの、西洋近代化のために、日本を近代化する感じの

草案がいっぱいあったのでしょうけど

このときのニホンゴが、どうなんだ!!という感じです。

さて、仕事というニホンゴ。

会社にお勤めにいき、給料をもらう。

ほぼ間違いないのでは

つまり、おおまかなイメージでは会社法人と雇用契約を結び、サラリーをもらう。

これが仕事であり、

サラリーが発生しないのは、「仕事」ではない。

そうでしょうかねえ。

はたして、実際のマネーが動かなくても、仕事未然でも、仕事になっていることは

無意識に色々あるはずです。

仕事は、奴隷契約や、労働力を売る、といったことに限定されないでしょ!今でしょ!

あくまでも紙幣の価値は紙幣でしかありません。