演目の役の機能性

と、すると、


わたしは読書をしたい

男女はナイスカンバセーション

しかし他はどうだろう

となりのやつは
何が目的でカフェの客になりたがっているのか?
これを機能性と呼ぼう


機能性を最大限にバレート最適化したら
このカフェの演目は幸福に終結する。


なるほど、大麻的なやつで音楽に集中したいのだな。

店員は
仕事が無理なく円滑に過ごし
なおかつ、タイムカードを押したときに
後腐れなく終わったと感じ気持ちよく
かえって帰りにいつもより違うなにかを
得て帰る


機能性。