都市機能意味論

あるモデリングされた都市があるとします。そのモデルタイプは従来の都市機能をサンプリングしパターン化したものです。
都市や街の「機能」においてそれらの発見は後発でしょう。何故なら、それまで街のカクカクの意味など気にもとめなかったわけです。
原初的な状態、社会契約説における状態では、考えられるように、人間の文明が発展して、遺伝子による公理系が完成されたと思います。
それらは、市民革命などが起きる手前、に揃っているはずです。
人間がもっている普遍文法(Universal)は地球のどの文明にも同じ適用範囲です。
たとえば、黄河文明インダス文明では、農耕や牧畜などを川沿いではじめ、家を立て、火をもやし、などです。
それでは、それらを抽出した都市モデルUを、それらとそっくりに再現すれば、普遍文法に適用できるような快適な暮らしが可能でしょうか。


たとえば、都市部における、カフェの意味であるが。はたしてなぜカフェというのが意味があるのか、田舎においてカフェなんか意味をなさないのであるのに、都市部においてのカフェの機能や意味とは。
社会学ルーマンの家族機能を家族以外に適用できるという説がこの都市モデルにも適用できるのであれば、
田舎ではなく都市に置いての家族機能がカフェやクラブにはあるはずです。
それらが無い場合は
監獄の誕生です。