強迫神経症と経済政策〜メガマック復活!?ワタシが生きるマック狂う〜

というわけです。
~ができない状態、というのは、例えば、物理的に存在しないもの、お化けとか、北枕で寝ると死ぬとか、でもイイんです!!
未だに日本では、こういった中世カトリック的な迷信が根強く社会性を持つ場合があります。非常に宗教的ですよね???北枕で寝ると、死ぬんですよ。僕もわかっちゃいるけど、フロイトがいう無意識に、未だに、夜中の風呂あがりに爪を切るのをためらうことがしばしば司馬遼太郎あります!(くやしーです!!
つまり、物理的に、身体を拘束されているわけでもないしの、情報だけで~できないと思っているだけです。
第三次世界大戦ではよくあることです。
たとえば、台風。
国民のほとんどが、実際に台風を見ていないと思うんです。
だけど、台風が来るよ~~~(><)という情報だけで、
みんな死んだような魚になっています(~_~)

ということで、宗教には、~ができない。というルール、Lawが多数ありまして、それにより死とセックスを支配することで権威を保つことがありました。
例えば、夜中に爪を切りたくないよ~~~(><)という気持ちは、精神障害者の病状ですか?あなたはドイツ人になんと答えますか?宗教ですと答えますよね。
宗教です。

はなしは経済政策ですが、オルグ新自由主義などいろいろみんな頑張って政策を考えていますが、例えば、もうこの先仕事がなく生きることができない・・・・orz
という状況がよくありますよね。

しかし私達は、宇宙は光の速度に近くなるくらいで膨張しているのに、現時点で考えているなんて、なんてばかばかしいのでしょうか。

経済政策の失敗によって、仕事がないだけで、あなたのウブなマインドすらないがしろにされるなんて、これは、精神障害者を作ることで、国が国家の秩序を保つための便宜ではないでしょうか(香山RIKA)

そのせいで、親と会話することも、友達と話すことも、隣人と、たわいもない話もすべて駆逐され、埋葬されるなんて、
そんなの血塗られた大地ではないですか!!!!!!!!!!!

社会はコミュニケーションの総体であると、社会学者のMIYADAI.comはいいます。
つまりすべて開かれており、話しかけることが~できる状態です。

国家は往々に、アジェンダ2010のような経済政策を定期的に発表します。日本では骨太の方針(カルシウム不足)や中曽根内閣の所得倍増計画などがありました。
私達は、そんなことで、毎日の気分を一喜一憂しているのです。
日本ではまだまだ個人は近代化していなく、全体主義っぽいです。
いつまでも国家を信用しているだけではなく、国家を破壊し、地球を支配するくらいがちょーどいいのです。
かつて大英帝国は地球の半分くらい支配しましたし、今も・・・
なので、
早い話、

外国の工作によって、みなさんは毎日死んだような魚になっています(^_^)

戦いましょう!そして、おじいちゃんおばあちゃん子どもたちに、国家を信用するな!自分たちで会話をしよう!、往々に、経済政策は景気循環によって、私達に新商品を持たせる戦争広告を仕掛けてきて、会話をできなくしています。

だいたい話のわからないボケた、話ても無駄だと思うくらいの
おじいちゃんやおばあちゃんなんて
幻想ですし

農民のおばあちゃんでも20日あれば、民兵として養成できます。
みんなで民兵組織を作り上げ、民間防衛組織を作り、地球を支配しましょうね!!!