地球外生命体に関する感情的な同情

わたしたちは、ペットの犬や猫にわたしたちと同じように振る舞ってほしいという欲望をもつ。犬や猫に、わたしたちと同じように、ディズニーの映画を見て、感動して泣いたり、黒人を見て嫌悪感を抱いたり、時間という概念を知り、死の恐怖で身動きが取れず石でできた塔を建てたいと思ってほしい、そう共感できればいい。
そうしたら、なぜ、同じ人間である、黒人を人間として扱わない?
キリスト教以外はおなじ「感情」を持たないからか?

では、もし、毎日食卓に並ぶ、牛や、豚がキリスト教徒だったらどうだろうか。

殺される前の、牛や豚は、「お願いだ!!!死ぬなんていやだ!!殺さないでくれ!!きさまそれでも人間なのか!!!あああああああああああああああああ・・・・Dave I'm afraid」
って言ってきたら、あなたはもはや居ても立っても居られない。
同じキリスト教徒だから。同じように思うはずだと、共感できる。

こうして、地球外生命体にも、同じような感情を持ってほしいという欲望を持っている。
もし、地球外生命体がユーモアたっぷりに、反応を示せばどうだろうか。
あなたのさみしさは半減するだろう。
欲望は満たされ、他者の意識がある意味を味わう。

なんてばかばかしいのだろうか!!!!!
地球外生命体が同じわれわれと共有できる感情なんてトランスレイトできる普遍文法Univarsal Grammerがある確率は非常に低いだろう。
同じく犬や猫と感情をトランスレイトできるパーセンテージはサルの遺伝子と同じくらいの99%くらいではないか。うそだ。

わかるわけがない。同じ人間でもわからないことがあるのに。
この宇宙を観測すること自体が。