読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年〜3999年

日記

一刻も早くしないといけない。

もはや時すでにお寿司。いや遅しまで来てしまったのです。


3年ほど前から一刻も早くしないととんでもない大変なことになると吹聴してきましたが、さて現在、大変なことになっていますよね。

第3次世界大変がフェード3までに行くまで、手違い一つで突入してしまうことになります。でも戦争が起きる理由のひとつには経済があるわけです。

経済がおかしくなってしまうと、みんな頭がパッパラパーになってしまいます。世界戦争になるかもしれなとなると、逆に経済とかどうでもいい!死ぬか生きるしかねえ!!みたいに逆に頭がパッパラパーになるでしょう。

だからこそ、今世界の中で最初の大戦Great Warで一番活躍した日本という大国の経済がしっかりしていないといけなかったわけですが・・・・。

残念ながら2015年のGDPは予想よりもマイナス成長でした(何故か1月から3月まではプラス)これも昨年の低所得者層対策などへの緊縮財政の影響があると考えられます。それよりも、消費税なんか上げなかったらよかったのではないか。つうか、はやく消費税の影響で今景気が足踏みしているということを認めて減税もしくは消費税を一瞬無くすとか、そんなことをできない空気に縛られているだけ。そのせいで、露土戦争からバルカン半島まで波及、その間に連合国とチャイナアフリカ、中央アジア、新疆ウィグルまで含めたとんでもない世界規模の、目に見えない、人が死んでもよくわからない戦争がまだまだ続いてしまうことになってしまうわけです。

なんだか中世の魔女狩り異端審問の時代にように、いつこのワタシが死を迎える順番がやってくるのか真夜中に戦々恐々と身体を震わせて200年間生きるような時代のように。

この戦争の特徴としては、実際の戦闘までのフェーズまで長い潜伏期間があります。20年とか30年とかです。まずは経済的なスパイが大量に送り込まれています。何かがおかしいとおもったとき、それはベターコールソウルです。