ストレートネックで首ガッチガチやぞ!(くやしーです!アップ×2ガール(仮)

testだんかいでえす 現在TEST段階は1.00.03くらいゴールがどこかわからなくなってきているので3年くらいTESTかも笑

37%Complete)sequence内で自動的に配列される道具役割みたいなゲロゲロ

よく、街で普通に歩いていると、なんかおっさんとか、ニートみたいな人が挙動不審になって歩いているところを見かけますよね。あれは本人というか物自体がなんであれ関係なくて、街2016のsequenceの中に入っちゃうと自動的に役割が配列されてしまうので、本人はそうでなくて、中国の大金持ちでもニートという役割を与えれていることがあります。

物自体の情報が重ね合わせの宇宙

そんなときは、ニートではない、ニートだのふたつの状態が、量子レベルで重ね合わせの状態だという宇宙だと考えます。

そんなときはニートを思いっきり楽しもう

役割を存在を、思う十分に楽しんでナイスな効用をゲットしパレート最適すれば諸国民の富のベネフィットは受けられます。何故なら、ニートという役割はそのsequenceに必要だからです。だからそのsequenceの役割を最大限にパレート最適してください。

脳は知っているものしか見ない。

そういう認知的不協和、確証バイアスがあると、ニートがやらないような行動をすると脳は認識できません。例えば、ニートなのに、肉をたべる、とか。そうすると、肉みたいなお菓子くってんのか、ファミチキくうなよとか思われます。????

職業はsequence内の役割を示す属性

 職業などは役なのだ。カントの知性だ。だから知性をはずすと皆おなじ人間なのだ。天皇、国王、社長、医者、すべて演技でしかない。それらの属性を外すとすべて同じ構造をもった生命体の存在でしかない。これらの属性は後から知性として作り上げたもので、

火星に二人だけしかいなかったら

わかりやすくsequenceを変えてみたらわかる。もし火星開発で火星にみんな行ったとする。天皇と君、火星では天皇と君だし、まだsequenceを保っているかもしれない。しかし火星に天皇と君だけしかいない状態のsequenceだと話がべつで、火星にいる生命体2体でしかなく、この場合、クラス属性とか言ってる場合ではなく、国王ももはや王でもなんでもない、そんな場合ではなく、とにかく2体でなんとか火星を開発しなくてはいけない。

雇用契約し就職することは、その会社のいままで培ってきた資力を使えることなのだ

その会社では、それまでに資力として、色々な人々がコネクションを作ったり、開発ルートを貯蓄し、確保している、それらはすべて資力として使用でき、リソースとして使用して資本などをメイクできる。

 東インド会社の時代では国王などの勅令の紙がないとだめだったし、プリマス植民地などの各国の植民地開発会社などは国王から許しがないとあれだった、しかし現在はCEOの部下などに分業されており、雇用契約という契約により、その会社の資力を使うことができる権利を受諾できる。

もちろんこれは社会的分業の意思の配分なので、実際には国王の意思を得たことになる。日本国では、天皇衆議院などを解散させ、内閣総理大臣の任命、国会を開会させているが、実際には社会的分業により、行政権、立法権などに委ねている。

ニートは職業だ

M・ウェーバー由来のプロテスタンティズム精神ならば、分業の最果てはニートに進化すべきだ。それ自体が、sequenceの役割配置が成されていることであり、それ以上の富の創造は、消費者の不足(そのうち生産者が消費者)になる。これが市民社会のあれになり、植民地開発を促すことになる。つまり通貨発行権のために戦争することになる。

最適化しろ

ニートは最適化しないといけない。ニートがなにかすると、通貨発行権をめぐって戦争に発展してしまう。

ニートの最適解

常に役割配置が有機的に変動するsequence内で最適解はなかなか見つけにくい。ニートにはその知的な徳が必要となる。かなりの後天的な経験を知性として判断するしかない。

観光客として、おもっくそUSJで楽しむフリをしなくてはいけない。こんなバカがいるのか?それも帝王学のひとつだ。天皇家は2歳くらいから帝王学を学ぶがこんな感じだろう。観光客なんて火星にあるか?諸国民の富があるから、観光客という職業が発生したわけだ。

ファミチキをうまそうに道端で喰え!!

演技をしろ!パレート最適するんだ!!諸国民の富を味わえ!!!人類が滅ぶことがないくらいの富なのだ。

なんなら2個かって、両手にスパイシーチキン、ファミチキでもいいぞ。なんならコンビニでふざけてもいい。ファミチキくださいを言うときにふざけちゃえ。ふざけるという主体的な判断力は認知科学としては効用なので、正常な判断力を失っている状態なのかどうかは、効用のある本体にしか半ば永久的にわかることはない。わかるということは、感情を共感できるまでピッチを下げることができるかどうかだ。

ふざけたときになんか変な空気になったらそれはお前がわるい。

空気についてはこの本を読め↓

主体同士が感情以外で接触、交換できる宇宙はいまのところない。並行宇宙が不確実性なく判断できるのは共感しかいまはない

ファミチキをうまそうに喰うだけでGDPが2倍になる

ファミチキの効用は死んだ鶏肉の揚げ物以外にはない。ソレ以上の効用はあるわけがない。しかし人類は知性により、情報空間に価値を創造することで、ファミチキにすることができ、なおかつ、サイバー空間に価値を創造できる。サイバー空間では、ファミチキをできるだけうまそうに喰うことで国内の付加価値が2倍以上に跳ね上がる。ファミチキを喰う=銀行が通過を発行する、同じことなのだ!!!!!

GDPがあがることは良いことなの?

それはここでは述べない

生物権力はクラス属性が持っている、ファミチキはそれを可能にする

ファミチキを道端で喰う。そんなことを新入社員がやってみろ。よっぽどゆとり世代なのね、おじさんおばさんたちが疑心暗鬼になる。そして戦争になる。そんな知的な徳は生物権力が阻止する。その潜在的GDP可能性をニートは破壊することができるのだ。人類の過ちをジュビリーすることができる。

人類が道端でファミチキを食える平和な地球セカイ

みんな道端でファミチキを食ってんだぞ。なんてぴ~するフルなんだ。もはやぴ~するフルなのかどうかもわからなくなってきた。

 アフィリエイト

www.bu-net.jp

nanapi.com

住宅地図 | 調べ方案内 | 国立国会図書館

ホットスポット (地学) - Wikipedia