ストレートネックで首ガッチガチやぞ!(くやしーです!アップ×2ガール(仮)

testだんかいでえす 現在TEST段階は1.00.03くらいゴールがどこかわからなくなってきているので3年くらいTESTかも笑

2017/3/12大気汚染が気象変動に影響することを考える

earth :: a global map of wind, weather, and ocean conditions

線状降水帯に関する情報を見ている。

津 口 裕 茂論文

線状降水帯という言葉は,2014年8月の広島県 での大雨以降,頻繁に使われるようになったよう

 津田論文にはこうかかれている。歴史的には古く

古くは,Bluestein and Jain(1985)が,米国中西 部で観測されたスコールラインの形成過程に着目

 

加藤(2015)

Or- lanski(1975)と考察がある。その中で線状降水帯の分類には

線状降水帯の実体は,複数の積乱雲の集合体(メソ 対流系の一種)である.事例によっては,線状降水帯 が階層構造(線状降水帯-積乱雲群-積乱雲)を持つこ と も あ る(Kato 2006).小 倉(1997)に よ る と,メ ソ対流系は団塊状と線状に分類され,さらに線状のメ ソ対流系は移動速度の違いによってスコールライン型

(急行型)と降雨バンド型(鈍行型)に分けることも できる.

 用語の解説には時間がかかるのでわからないままだが。

 

全人代開幕中であるが、それでも石炭による汚染は激しい。

汚染が顕著に、夜間に目立つのは2つ考えられる。

1,夜間の暖房に石炭を使用するため

2,太陽光による化学変化が無いため

太陽光による光化学スモッグに関してはまだまだ探し出せていない。

わかっているのは、石炭による汚染は昼間太陽光によってかなり変化する。

それによって、変化した物質が塊を形成し、線状降水帯のようなスケールができあがる

可能性を仮説として以後リサーチする次第である。

決してハープとかではないと思う。可能ではあると思うが。

f:id:bedroomtourist:20170312172234p:plain

f:id:bedroomtourist:20170312172238p:plain

f:id:bedroomtourist:20170312172201p:plain

f:id:bedroomtourist:20170312172218p:plain