|履歴:あの人ならこうするだろう

 

職業=その人?

お豆腐屋さんの田中p(x

ここは都内某所。そのしがない町並みには荒川が見える。その某一角でタワーマンションが乱立する渦中に街の豆腐屋として営んできた田中さんがいる。何故田中さんが豆腐屋をやっているかと言えば「なんとなく」。何故か客が定期的に豆腐だけを買いにくるのでこれまでやってきた。しかし近所に巨大スーパーマーケットができて、もはや豆腐だけをわざわざ買いに来る客もいなくなった。豆腐屋の田中は考えた。生活保護を受けよう。しかし、豆腐屋の田中でなくなった田中は、なんの田中?田中にまつわる物語はほとんど豆腐しか無い。豆腐がなくなれば、ただの田中。新生した生活保護の田中としてこの世にリボーンするのだ。