読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017/3/26地球上での気象変動気象操作印象操作もくもく日曜日

気象情報

earth :: a global map of wind, weather, and ocean conditions

太平洋での動きがスカンジナビア北海まで影響している?

地図上ではっきりとアムール川より北部、つまりロシア国内のユダヤ自治州である。

反対側は、ロシア国内、キエフである。

ロシアには天然資源が腐るほどあるのでしょうがない。そこに意図はないといまのところ考えている。

今回も、PM2.5サイズの炭素分子と酸化物を含んだ高エネルギー物体が上昇気流になっている。

 

燃焼とは?

酸化である。炭素が酸化するので内部エネルギーがはじきだされて燃焼という。

核融合とは?

 

先日の太平洋上にある低気圧の気圧は96000000パスカルであった。

ちなみに平均的な地球という惑星の海上の気圧は1000ヘクトパスカル摂氏15度。

音楽はだいたい20μパスカルの気圧変動でお楽しみでした。

 

摂氏15度 あると288.15ケルビンある。

摂氏0度でも273.15ケルビンあるので、水分子H2oの凝固点は大事だが熱エネルギーが無いのではない。

 

これはほとんど火山噴火に近いと思えばよい。

火山噴火が発生すれば、硫黄Sが大量発生。金星では硫黄による大気が地球よりも20なんとか倍あり、圧力によわい生命体であれば圧死であるか、アセンション

鬼界カルデラが爆発すれば地表にいる生命体はほぼ死滅

それでも60億年前にくらべると随分、生命体には優しい環境である。隕石も振らないし。

 

f:id:bedroomtourist:20170326210729p:plain

f:id:bedroomtourist:20170326210739p:plain