たまには許してやれよアベ政治。正月くらいはさ。

testだんかいでえす 現在TEST段階は1.00.03くらいゴールがどこかわからなくなってきているので3年くらいTESTかも笑

|音楽連続体:Rythm ver2.0001

このようにですね、ラーメンを食べても何故おいしいのか具体的に言葉で説明してもできません。ラーメンを食べた効用を具体的に列挙してみてください。何故おいしいのか?まず麺がコシがある、スープが美味い。抽象度があれな場合こんな感じでしょうか。ではスープがハウス系でものすごい出汁をとるのに朝から出勤前にすんごい時間かけて鳥や豚からのエキスをふんだんにスープにしたからである!というところまで抽象度を下げました。しかし逆にこれらの言葉を使っただけで本当にそのラーメンを食べたときの旨さを説明できるでしょうか。可逆的に、それら列挙された抽象度が最も低い具体的な説明文でラーメンのゲシュタルトができるのでしょうか? 

Rythm:

音楽の要素に、メロディ、ハーモニー、リズムの3要素があります。パターン認識においてリズムもパショコンでは2進数で表現できています。チューリングマシンにおいても0か1かの組み合わせで、こんなにスマホで表現ができてしまうのです。

リズムを認識することはひとつの時空連続体をこの宇宙に認識することです。この沢山ある宇宙の中に、音楽的な時空連続体の宇宙をひとつ認識するには、まずリズムという言語宇宙を認識しなくてはならない。

前回では、メロディの言語宇宙を説明していたはずです。C音(ド)の音の後にE音(ミ)が連続すると、HAPPYで明るい感じがしますが、C音のあとに連続して半音低い♭E音が発生すると、SADNESSで悲しい気分になりますよね。何故そんなことになるのか具体的に言葉でしてみてください。さきほどのラーメンを食べた効用と同じようにメロディを聞いた(聞いちゃった)ときに発生する効用はどんなに抽象度を下げて具体的にゲシュタルトを構築しても、その効用(表象?)にはならないのです。

ラーメンを食べてなんでおいしいのか?うまいラーメン食ったからだ!それ以外にないでしょ?それ以上なぜおいしいのか説明すると、人間の舌にラーメンのような炭水化物と油などを知覚すると脳にインパルス波が発生し脳内のニューロンが発火する仕組みがあるからだ、としか言いようがないでしょ?でもこんなこと言われてもなんにもラーメンおいしくないでしょ?むしろ虚無でしょ?虚無くね?あ、ラーメン食べて美味しいのは脳のニューロンが発火するからかー!って納得できんでしょ?だから。

今回はパターン認識パターニングでもよくある、リズムに着目してみましょう。

00という0が2回連続した空間が見えますよね?空間というか文字かな。なんだろな。では01という空間が見えますよね?

(めんどくさくなってきたんでやめます)

何故リズミカルだと感情なの?

問題は何故このリズムの時空連続体を認識しただけで、感情が動くのでしょうか?サピエンスの脳にある網様体賦活系RASには、フィルタリング機能があるそうですが、この非線形であり無秩序な自然に対して、我々サピエンスは意志を持ち道具に秩序を与え、線形にしてきました。が、それらが感情に作用するのはなーーーーーーーーぜなのでしょうか。。。

たとえば非線形である道。道なんかねえ!道路もねえ!パンツをはいたばかりのサピエンスは大自然に対して、「通りやすい」何かを作りたいために非線形である自然に道という線形パターンアルゴリズムを開発しました。これは道に対して意志を与え道具として役割を与えたのです。

つまり仮説として、音楽連続は線形ですが、音楽連続から受け取る感情は非線形であり非言語ですよね。いや感情は非線形なのか、わからないけどまいいか。(なにか重たい命題にぶちあたった気がするぞ)

つまりこういうことです。我々は道とかラーメンとかを作り出してきましたが、それらは言葉でイメージできます。しかし大自然みたいな非線形はどーがんばっても作れません。だから作れない非言語空間にいっちゃうと、頭もいっちゃうんじゃないですかね?