たまには許してやれよスガ政治。ファミチキくってさ。

testだんかいでえす 現在TEST段階は1.00.03くらいゴールがどこかわからなくなってきているので3年くらいTESTかも笑

映画「タイムマシン」に見るニューヨーク

随分前だけど、たしか6チャンネルでやってた映画を見た。それが2002年に公開された「タイムマシン」とゆう映画だった。19世紀の科学のロマンチシズムを発揮した胸を打った作品だった。2000年以降に作られたハリウッド映画とは思えないほど心を打つ作品だったな。マトリックスかそれくらいしかないよ。
その映画ででてくるのが「ニューヨーカー」とゆう言葉だった、それが少しひっかかった、いい意味で。
全体的にタイムマシンを題材にした映画なのに、終わってからひときわ輝きを増すのが「ニューヨーカー」とゆう言葉だった。
なぜだろう、その頃のニューヨークには今はなくなってしまった誇り高きある感覚があったのではないだろうか。
主人公がタイムマシンでいつの時代に行っても、自分はニューヨーカーだと言う。
そこにすごく惹かれる。
アイディンティでもあるのだろうそのニューヨークに住む人たちは。
しかし何故にしてそこまでニューヨークとゆう街に住むことを誇りに思えたのか。
それはアメリカとゆう国が、約束の地と呼ばれたように、移民の街、希望のある大地だったからだろう。
それは今のアメリカから少しも感じられないくらいのものだったに違いないし
人々はそれに疑いも持たなかっただろう。
映画タイムマシンの作者は無意識的に、今はもうない幻想としての、そして過去のよき思い出としてのニューヨーカーをよみがえらせたのだろう。