ストレートネックで首ガッチガチやぞ!(くやしーです!(仮)

testだんかいでえす 現在TEST段階は1.00.03くらいゴールがどこかわからなくなってきているので3年くらいTESTかも笑

かっこいいチャリテク

YO!!ジェネレーションY

今日は渋谷のBMXクルーからかっこいいチャリンコライフをお届けするぜ。

本来、素人がママチャリでBMXストリート初級技を駆使するのは

なっかなかむずかしいと思うが、オラはあきらめないぜ。

コレを読んでいるメーン達に、超絶BMXトリックをキメてもらメーン。

以下はこのサイトのちょいとサンプリングだメン。悪いぜメン。

BMXを始める前には空気をいれよう

BMXでトリックをするときに空気が入っていないとパンクする可能性があります。一見、空気がパンパンのほうがパンクしそうですが、空気がないとタイヤのなかでチューブがよじれたりしてパンクしやすくなります。

空気が入っていないと、フラットでタイヤをスカーフ(タイヤを足でこすったり蹴ったりすること)するときなど車輪がまわりずらくトリックがやりにくくなります。

外にBMXを置いたり濡らしてはダメ!

BMXに限らず、自転車は鉄がむき出しになっている部分がおおく、外に長い間おいていたり、濡れたままほっておくとすぐにサビてしまいます。サビがでると、強度も悪くなりますし、ブレーキが効かなくなったり故障の原因になりBMXの寿命を縮めてしまいます。

どうしても外に置く時などはカバーをかぶせたりして対応しておきましょう。

カギを必ずつけましょう

「ちょっとコンビニで立ち読みしていたら盗られていた」なんてことは結構あります。BMXの盗難は全国でもかなりあります。盗んだBMXをバラしてパーツをばら売りする人などもいるくらいなので、「ちょっとだけだし」と油断せずカギはかけておきましょう。

パンク修理はできるようになっておくこと!

BMXを練習する上で必ず起きることの中にパンクがあります。夏の車の中にいれっぱなしで知らない間にパンクしていたり、段差に飛び乗ろうとしてパンクしたり、練習し始めなど特にパンクはつきものです。

パンクをわざわざ自転車屋さんにたのむと高くついてしまうので、パンク修理はできるようになっておきましょう。一度やれば誰でも覚えられることなので、嫌がらずできるようになっておきましょう。

と、まあYOU達にXsportsまでレベルを求めているわけではないメン。

しかも街のりだと、若干色々テクニックがいるメン、

なにもしらないおばちゃんが相手だったりするからメンメン

わざと大回りに左折とかしないといきなり前からドカアアサアアy--ン

ってなるモン。

YO!次回は、かっこいいチャリテク2だメーン!