ストレートネックで首ガッチガチやぞ!(くやしーです!(仮)

testだんかいでえす 現在TEST段階は1.00.03くらいゴールがどこかわからなくなってきているので3年くらいTESTかも笑

|集団ストーカー:宇宙は何故あるのか ver 1.00.05

まず集団ストーカーとかおいておいてもっとも抽象度を高くし、何故私が宇宙に存在するのかを考えてみよう。

他人は本当に存在するの?

他人とは何か考えてみましょう。他人とは自分と同じように感じたりできる感情をもった人でしょう。もちろん集団ストーカーの人たちも、宇宙人でない限り同じ国際法で守られた人権を保有する人間でしょう。

もしかして人間でない場合もあります。なんか宇宙人とかでもなく、存在になっていないような存在、つまり存在としての確率が少ない存在です。

他人が何故世界にいるのか考えたことはありますか?他人とは自分です。

宇宙とは

宇宙とは、お星様や太陽やアンドロメダ星雲のようなわかりやすいものだけではなく、自分以外の世界全てが宇宙です。わかりやすい宇宙のイメージは地球の外である宇宙空間を連想しがちですが、しかし果たして実際に宇宙空間へ行ったことのあるひとはものすごーく少ないわけですし、誰もが実際に自分の目で宇宙空間を見ていないのです。

それを踏まえて、観測者である集団ストーカー被害者同士が、感情を共感し共有できるということはこれはユングアーキタイプのような普遍文法、つまり遺伝子に組み込まれたユニバーサルグラマーなのかもしれません。以上のことを踏まえて考察します。

ガスライティングについての考察

これはごく普通にあると思います。内部表現の書き換えと言います。普段あなたのイメージ、つまり自分はこういう人間だという認識はすべて過去の記憶からできています。その過去の自分のイメージのことを内部表現と考えましょう。

最新の認知科学では、現在なんか無くすべて過去の記憶で今を生きているような錯覚を起こしているのです。

スパイ外交官とかがやられるガスライティング的なものでは、普通に不法侵入があり、飾ってある絵の配置が変わっていたりします。これはこれ以上踏み込むな!というメッセージです。これには段階があります。次の段階はけっこう集スト被害者の感じるものと似通ってはいます。実際に殺すのはほぼほの最終的な手段ですが、それ以前にメッセージを読み取って恐れをなして大人しくしてしまうでしょう。そうなる前に最低でも人工知能を搭載した無人ロボット兵士や無人ドローンなどを入手し21世紀の現代戦争に勝ち抜くくらいの兵站を作り上げたらなんとか地球上に最後に生き残る人類にはなれるかもしれません。地球がダメなら火星移住も考るべきです。

しんどくなってきました笑

怒りというエネルギーは創造的であり破壊的でもある振幅です。

なにがリアリティーをもってこの世界に存在が確率的に存在させるためにはエネルギーが必要です。だってこの世界はそもそも無いのです。

|現実存在機能:現実存在が機能するとはなにか

 

日本はあやし〜〜い資本主義国家で中国のことを一党独裁ボロカス国家だなんてあんまり言えないんですけどほんとは、ただ民主主義なので資本主義的な感じはあるわけですが根底には、まあ利権談合共産主義By勝谷誠彦って言い得て妙。このシステムすごいと思いますよ。

ニクソンショックから変動相場制になりプラザ合意から円高不況。

そこらへんをふっとばして小泉政権のときです。それは2003年です。

規制緩和増税で08年まで年率2.6%GDP成長したわけですが、08年にリーマンショックというイベントが置きました。日本ではなんかリーマンブラザーズが破綻したおかげで不景気になった感じになってますが、07年末からずっとこの図1をみたらわかるように中国経済が完全に右肩下がりで、日本に平和に住んでた華僑、村上ファンドとか・・・。の持ってるマネーを利用しはじめたわけです。

 それ以前に日本の銀行は完全に外資に。完全に民営化と完全民営化が意味ちがうみたいな感じで、完全に外資docomoみたいに財務省が株式保有してないです。

こうなると完全に資本主義です。

さらに外資が日本の企業を三角合併して吸収できる法律までできました!

ジャスコはイオンに、オリックスはただのリース会社からホリエモンと戦いバッファローズと合併。そごうやダイエーとかあと、スクエアとエニックスや大丸そごうとか全部外資

まあその象徴がタワーマンションなんですけど。まだタワーマンションがそんなに目新しいときはよかったですよ。今になると減価償却もするしワルラスの法則でそないに効果でないし、さらに使用価値が無くなってきているという。

現実存在(タワーマンション)が機能しないんですよ。

困ったね。

|象徴界的存在;戦争のやり方

earth :: a global map of wind, weather, and ocean conditions

とりあえずまずルーマニアモンテネグロに宣戦布告をしろ。国際法で宣戦布告は国権しかできない。だが市民個人が宣戦布告をした場合、ただのツイートにしかならない。しかし日本国憲法では基本的人権、自由県、生存権、など公民権国際法で認められている。国連憲章第51条により個別的自衛権の行使は、国際法からすれば当たり前だ。日本で最後の内戦は1877年明治10年)の西南戦争になるが、それから日本での内戦civil warは無い。内戦になる場合は極力気をつけなくてはにけない。日本国内の内戦はSecurity Treaty Between the United States and Japan第一条(アメリカ軍駐留権)

日本は国内へのアメリカ軍駐留の権利を与える。駐留アメリカ軍は、極東アジアの安全に寄与するほか、直接の武力侵攻や外国からの教唆などによる日本国内の内乱などに対しても援助を与えることができる。

ということで同時的にアメリカ軍との戦争になる。

そうなると、一瞬で殺されて死んでしまうので意味がない。だから核兵器を開発するのだ。

サイバー工作

まずモンテネグロルーマニアに工作をするには諜報活動が必要だ。それ以前にフェイスブックなどCIAが使う御用足しツールで現地民に呼びかけてみるのものいい。

決して

 

しかし実際にモンテネグロルーマニアが戦争になると第三次世界大戦がHot Warによって終結せざる負えなくなる可能性がでてくるので、そうなった場合イランとサウジアラビアの核戦争も勃発する恐れがあり全人類はおろか地球上の生きとし生ける物全ての森羅万象が死滅するおそれがある。

なので実際には、北朝鮮に配備されているミサイルをハッキングする方法をとる。

 

 

|社会的共通資本:太陽を購入した場合 ver.104

 

すべての商品

商品は貨幣と交換できるのは価値をどちらも保存しているからである。商品であるこのTシャツ

thetestfm.thebase.in

には何故価値があるのかと言えば、かっこいいからだ。かっこいい=価値があるわけだ。かっこいいものを欲しいというときは、マネーと使ってペイ!するわけだけども、このマネーにも価値があるのは決してカッコイイからではなく価値があると思い込んでいるだけである。

 

社会的共通資本としての太陽

さてそこで、5000兆円を使って太陽を購入しようとする場合である。無理である。何故だ?全て金で買えるわけではない。もし個人が太陽をメルカリで購入して自分の好きなように配置を変えたり、水をかけたりして消滅させたりすると、地球に住む人類は全て死んでしまうので、5000兆円なんかどうでもいいから必ず阻止するだろう。

だから太陽はお金で購入できないのだ。もし仮に太陽を売り出した場合、誰が売り出すだろうか。まず太陽の所有者は誰なのか。もし仮にメルカリに太陽5000Billion$By神ってあった場合、これは神の意思で売り出したのだという意味だ。だからいくら大英帝国でも太陽は購入できなかった。もともと所有者がいないのもある。

それと同じような感じで、社会システムには、教会機能や、公園機能、公カフェ機能などがある。これはさきほどの太陽と同じく5000兆円でメルカリで買って私個人が勝手に使用すると社会システム全体が崩壊し、最終的には太陽が破壊され、全人類はおろか地球全体の生きとし生ける物全ての森羅万象が死滅してしまう。

これは冷戦下での核軍縮やはじめての国際戦争勃発後に締結されたウェストファリア条約でも同じような趣がある、公共哲学のようなものだ。これを公共圏とかぬかしよる。公共圏はヘーゲルからもすでにあるらしい。

社会システム論での公共財(社会的共通資本)

存在が存在するにはアプリオリに時間と空間がひつようなように、社会が存在し機能するにはアプリオリに必要な資材が社会的共通資本になる。

商品と商品にならない物

商品にならないものが太陽だった。ということは商品になれないならないものが社会的共通資本なのでないだろうかと考えよう。愛。愛は金で買えるか?もしメルカリで愛を5000兆円で購入してみよう。誰の愛なのだ?所有者がいない。もし仮に愛5000兆円BY神だったら、これは神の愛であるし。あの子の愛だとすると、その愛を購入した場合、無条件でまるで薬物中毒の廃人のように愛してくれるわけだ。ただしたぶん不完全性定理を逆に使うのですべての言語が使えないとかのリスクが発生する。

カフェとかは、逆にこれはおもいっきり会社や企業やおっさんがオーナーだったりするわけだが、カフェには公の機能の趣が強いカフェとそうでないカフェもあるがおおよそ公のものだ。だけどカフェはいくらでもあるから公の機能は、どこでも代替えできる。

カフェは社会に何故必要なのか

カフェといえばスタバとかそういうのだろ。しかしこういったチェーン店のカフェができる以前はカフェはどういった形態のものだったのだろうか。今から5000年前のカフェは創造できるだろうか。カフェ自体は

|労働:労jbsdfbosdhnaknvbsd ver1.00.28

エネルギーとは人類が見つけた道具で、エネルギーが起こした労働をワット数で表している。しかし社会では表す指針は無い。残念ながらどれだけ労働してワット数を稼いだかは給料にも反映されません。内職的なやつ以外。給料は労働したワット数の分貨幣として支払われているわけでなく、会社のGAIN利潤を管理職が部下の利益を搾取した分が給料として、ATMなどにぶち込まれるだけで、どれだけワット数なのかなんてどーでもいいのです。タイムカードはわかりやすいのではないか。そう思ったと思いますが、あれもどれだけの時間会社に存在していたかを表記しているだけで、実際の労働したワット数なんか明記されてません。時給なんてふざけてますよね。最もふざけてるシステムは新卒一括採用ですけど。でもそんなことどーでもいいのです。

何故なら人類は40年以上前に飢餓を克服したからです。

正直、200年以上前の産業革命の時に、結構モノが余っていて、フォントとかデザインとかにでもイタリック体とか、なんだっけ、フォントにも流行りをつけないと売れない状況がありましたし、何故かくるインドブームなども、支配者が作り出します。

作らなくていいなじゃないの?

わかります。ではどうやってこの人々の関係性を維持できるか?ですが

大きくは収入が問題です。これは紀元前10世紀5000年前のエジプトでも問題でしたし、イエスが生まれてからも問題です。

何故なら、穀物がなくなって皆死んでしまうからです!!

でも大丈夫!人類は一日中なにもしなくても飢えて死ぬことはありません!

実際、30年間何も食わず水も飲まない人が生きてNASAで検査されたこともあるので

餓死は存在の内部表現に過ぎないのです。

何故物体が死ぬのか。それは内部表現が変わったからです。

 

本来であれば、2000年になったタイミングで、1000年間続くようなお祭りみたいなことローマ教皇庁が世界でやってもよかったはずです。千年王国です。

それくらいできるはずです。ジュビリー2000とはなんだったのか?

灌漑農業によりナイル川にて大規模定住社会を形成してから、灌漑農業をやる人間が奴隷として労働しなくてはいけなく、灌漑農業がなかったらファラオも奴隷も全員死ぬしかありません。死ぬシティです。死ぬシティいやでしょ。みんな死ぬ。死ぬシティ。

だから収穫の時は、感謝祭など祝祭があるわけで、一年間これで冬を無事越せるということを祝うわけです。 

収入

収穫

まず無人島で果物や魚などを収穫(占有)する場合です。これは収入でしょうか。収入とはなんでしょうか。収入とは極めて社会性の高い関係性を維持するだけのコミットメントツールなのでしょうか。

この時点で、あなたの収穫したものは収入モクソもねえ!GETだぜ!です。

では二人で住んだとしましょう。無人島にもう一人人いました。

二人で相談して、収穫します。占有します。これは収入ですか?

では無人島に98人流れついて、100人の島になったとします。

100人で相談して収穫や採取を行います。100人いたら、鉱石などの発掘も森林の伐採、道具開発、魔法研究所、宿屋、パブなど色々社会的分業の配分が職業として当てることができるでしょう。

でもたまーに50人くらいで乱交みたいになったりしてあれかもしれないですし

でも一応100人でそれらの体系システムを収穫し占有しているわけです。

どこに収入が発生するでしょうか。

 

離れた島に2万8千人規模の島があって、自動的に働いてくれて、ドローンみたいな便利なやつで2万8千人が収穫したモノがパッケージとして送られてくるシステムを開発しました。

離れた島と自称無人島 には見えない電磁バリアみたいなのがあって顔も見えませんし気持ちも通わない。

ロッコ問題があれば真っ先にぶっころしてもいい。

100人は最初いいの?便利すぎひん?とか思いました。でもよく考えたら、2万8千人分の収穫物があるわけでめっちゃ余ってるし、あの人ら自分らの分も送ってきよるから、下手したらあほやし、死んでまうやん。そしたらこのシステムなくなるやん。だから収入として必要最低限の分は与えておこう。

はい収入です!!

収入が発生しましたね?

これです。話がぶっとびすぎてわけわかんないと思いますが耐えて下さい。

 

欲求の多様化 

そしたら、なんか100人良くみたら全員男ばっかりでした!

シコリたくてしょうがないので、植民島に若い女がセックスしている動画を撮影してユーチューブにアップしてくれ、とメールしました。

すると、わかーいかわいいし、エロい、たまらんくらい、これいいの?みたいなエロ動画が送られてきました。100人みんなシコシコ!!

もっと見たいんで、収入としてなんかいいものを送っときました。

これが財・サービス業です。

これらを含めたシステムすべてが資産・資力なのです。資本は倉庫に眠るストックです。

 飢餓が克服された

とゆうことで植民島にも無人島にも自動食べ物生成ツールができました。

ボタンひとつでAmazonダッシュみたいにすべての食物がでてきます

ということで、植民島から送られてくるものもなくなり収入という概念は無くなったように思われます。

しかし!!だがしかし!!

植民島で制作されているエロ動画は欲しいのです。食物が腐るほどあっても、エロ動画はなかなか作れません。なので、エロ動画や暇つぶしのユーチューバーみたいなやつにはまだ収入をあげないといけないのです。ここが現代のジレンマです。

植民島から出稼ぎでラーメン屋として職業がラーメン屋の人も必要なくなっちまいました。ラーメン屋だからきてんのに、もういらねえ?俺どうしたらいいの?みたいになってしまいました。

この穀物の収入を1とすると、エロ動画の収入は3とします。穀物の収入が崩れてしまったんで、基本となる収入の基準がなくなったエロ動画の収入3は、不安定です。

だからエロ動画に与える収入の概念そのものを変えなくてはいけないのです。

たとえば、エロかったで賞とか。そういうたぐいの。1年間100人島に来てもいい権利の所有権とか。

所感夏2017

収入の問題

について何度も書きかけたがすぐに辞めた。なぜだかわからず冷蔵庫の中にあるレタスとハムとチーズをパンナイフで切ってパンに挟んでサンドイッチを作って、夜景が見えるイスに座って食べた。その後山下という女とセックスをし中出しした。

某イオンの問題

某イオンなんだけど。これはしょーがないのよ。買収できる資本があるから買収できてしまう至ってシンプルな資本主義。これまで名前だけ株式会社とかなんかニセっぽい資本主義、利権談合共産主義みたいな日本だったのですが。しかし、小売業界で最大の企業を前にして今更ピケティでいう資本で利潤を一からあげていく企業は、少なからずもっと大企業に買収されるのがオチで、なんだかスタートアップの会社みたいじゃね?

何が問題か?

それはさておき

とにかくまず中国から流れてくる硫黄酸化物系の物質を停めるのが一番の先決課題だ。これはもはや祈るしかない。人民解放軍でも手打ちできない、というか同じ軍閥なのでその企業が、壊すことは自滅に近いのかもしれないし。

空気がキレイになったら、問題は某イオンの問題にはいってくる。某イオンは現象であって、現象としては別の状態で前に登場する。イオンの店舗みたいにわかりやすい物体としてならわかりやすい。

このどっちにも中国が絡んでいるので、日本はかなーりいい迷惑。

|音楽存在:音楽は存在か ver1.00.05

存在とは時間と空間が必要であることはアプリオリであるので、エドシーランという存在が存在するには時間と空間が必要であるのだ。もしエドシーランから時間を奪ってしまうと、空間にしか存在しないエドシーランの絵という存在になるし、空間を奪ってしまうと、エドシーラン的音楽のような存在になってしまうのは自明だ。

私は存在だ

このように批判critiqueは対象を数学的に理論論理的に考えてみるいい機会になる。

我々のエドシーランという存在はソフト面であり入れ替え可能で、いつの時代も同じようなもので、同じだ。中国ではエドシーランという存在は90年台のベイビーフェイスみたいな存在かもしれないし。現実存在機能では、このソフト面はどうでもよく、我々のハード面はいつの時代も変わらない。これが普遍的な文法、ユニバーサルグラマーだ。

そこで音楽という現象は、存在かであるが、音楽から時間と空間を奪って見ると良い。何も残らない。音楽には時間と空間は必要だ。しかし目に見えない。存在は目に見えるものだ。という強迫観念が私達にはあるが、目に見えない存在も存在だ。幻聴が存在だといっているこのブログではそう主張できる。

そこで音楽はではやはり立派な存在なのではないかという問が発生する。しかし存在としてはあまりにも巨大すぎる。もうひとつの命題、存在は死ぬことで存在を全うするというハイデッカーという存在が言っている。音楽が死ぬことで全うできるだろうか。否だ、音楽は私達の前の前に現前してこそ音楽からの所与得られる。実に実存的な存在だ、

では巨大な存在とは何か考えて見よう。太平洋北アメリカ大陸、巨大ではあるが、音楽のように全てを制しては居ない。山や太平洋は整地すればなくなる存在だが、それでも音楽は整地した大地で鳴っている。それでは大気をなくせば音楽は鳴ることは化学的に無いので、宇宙、火星に移住したとき音楽は存在するかであるかの問だ。

火星には実は大気がある。そういうと話が終わらないので無いことにしちゃおうょ。すると音楽は無い。音楽が存在しない空間なのだ。?ということは音楽は存在なのかという問が再燃してきた。

ここで私達を困惑させているのが、音楽といった巨大な概念が存在であるということの恐怖感である。音楽という概念は、いわば希望、愛、絶望、願い、祈り、聖、という概念と同じく目に見えない巨大な概念だ。しかしこれは存在は目に見えないと嫌だという私達の強迫観念がそうさせる。霊やお化けといった目に見えない存在が嫌なのと同じだ。

ということは私達は、このただの音波の中になんらかの音楽的な存在の集合を見出して認識しているということになるのだ。つまりただの音ならそれは音楽ではない。しかし音の中でもとりわけ音楽になる音は、音楽集合として認知されており、今日に至る。それはもはや存在ではないのか?希望という存在は、目に見えないけど、人々が一緒に見える存在だ。

ってゆうか音楽集合って言ってる時点で存在なのでは無いかという批判もある。

次回は存在を象徴界的存在と、現実存在の2つにわけて考えよう。