アベ政治を許してしまった団地妻(551があったから気分あげぽょなので(モリ政治は許してない蜃気楼のようだし

testだんかいでえす 現在TEST段階は1.00.03くらいゴールがどこかわからなくなってきているので3年くらいTESTかも笑

公共圏:抑圧と公共圏 ver00004 (

編集長より:便所の落書きになりました

 

公共圏ってなんだろうね!よくわかんないっすよね!(^^)

実際よくわかってないですしね!おすし。

公共圏ってゆうまえに公共ってなんやねんて思いません?公共。みんなのもの。みんなのもの。よくわかんないっすね!

公共圏(みんなのもの)がぶつかったらどうるする?

戦争しかないよね!昔は、昔つっても4万年まえだけど(汗。ホモ科のサピエンスとネアンデルタールはあほみたいに公共圏がぶつかってしまい、サピエンスが他のホモ科全部ぶっころしてしまったほど。(とほほ

紀元前もそれ以降もしばらく略奪や殺し合いをし続け、100年戦争や、30年戦争なんかやって、日本にもやってきちゃって、その当時の日本は渡来人きまくりラクリマクリスティだったわけで、ゾウさんも江戸の街にいたんだって!(へーお花が長いのね!

んでもってもはや地球上になんもねえ!地球ぜんぶ支配しちゃった!公共圏が地球一周しちゃったわけ、そうなると公共圏ぶつかるしかないよね!!

そんでもって公共圏がぶつかりまくりしまくりしちゃって、これはあかんやろ、もういい加減やめようや、っていって、できた約束事がウェストファリア条約だったわけで、そっからさらに、核兵器による公共圏がぶつかっちまって、下手すりゃ全滅!みたいなぶつかり合いをし、さらには公共圏が経済にも関与しだし、イメージとしては爆発的なエネルギーを水面下に貯めた公共圏からにじみ出るようにパワーがはみ出している感じですね。

さらに公共圏は発展し、医療とか、福祉、といった公共圏(みんなのもの)も視野に入れ始めたわけで、

最終的に、ダンスを踊ってはいけない。ナイトライフ委員会が管理する。みたいなファルスの去勢。のようになる。

しかしファルスの去勢とは、無意識にあり、現在は過去の記憶でできており道具連関の配慮の項目において、ファルスはOK?ダメ?という確認を、いちちやっており。これを例えるならば、・・・・・・・・・・・社会って抑圧でしょ?でも社会が無いとホモ・サピエンスじゃないじゃない???????

問題1みんなのもの、のこのみんなとは誰か? 

ホモ・サピエンスのことだに。ホモ・サピエンスネアンデルタール人を同じ人間と思っていないので、完全なる死滅をやってしまったのだ。

しかし、いまは同じホモ・サピエンス同士でブッ殺し合いしてるじゃん?

 

2018/5 abyss気象&大気汚染

earth :: a global map of wind, weather, and ocean conditions

 

依然として北極寒気の湾曲が強い。

 

ベーリング海峡にしばらく強い寒気を伴った非常に強い気流が発生しており、さらにはシベリア上空にまで暖気を伴った強い気流。これらのエッジが、真冬の寒気を上空に伴った小気団をハワイ近くや、日本海まで作り出している。

一度真冬の気団が訪れると代わりにシベリアから真夏の空気がやってくる循環を阻止しなくてはいけない。

 

f:id:bedroomtourist:20180509113336p:plain

f:id:bedroomtourist:20180509113347p:plain

f:id:bedroomtourist:20180509113400p:plain

f:id:bedroomtourist:20180509113409p:plain

f:id:bedroomtourist:20180509113436p:plain

f:id:bedroomtourist:20180509113445p:plain

大気汚染に関しては

大幅に一酸化炭素濃度が低下しているのがわかるが、このところ1っヶ月以上にわたってシベリア、アムール川周辺で森林火災のようなものが発生。

ベーリング海峡の気圧はこれをスムーズに吸収しているのがわかる。

f:id:bedroomtourist:20180509113502p:plain

自閉症に関する考察 5?くらい

哲也で朝までDSM5を読んでしまった。異常なほど長かかった。

アメリカ精神医学会の刊行する今や世界的権威DSMでは。

病理は表現だ!!!

パショコンの表現にGUIというものがありますが、それ以前はマシン語と呼ばれるチューリングみたいなものしかなかったというとあれだけど、ベーシックの時代でもこれほんとにいけてんのか?くらいリアリティが無かった表現方法でした。

同じ様にフロイトというおじさんは精神病に関しては性的衝動の抑圧を表現している!と言いました。

その後ラカンは、このフロイト理論をさらに発展させ

象徴界で父ーのー名によるファルスの去勢といったセオリーをやりました。

 

これを一言で言えば、言語での世界の認知の広さです。

赤ん坊は、泣くことで表現します。最初のうちはなんでも泣いてたらやってくれるので、泣きますし、本当はちょー苦しいんだけど、火星に居た時の記憶とかあったり、まあでもおかあたんは赤子のすべての要求を満たしてくれる、まるで子宮のような存在です。しかし言葉を覚え始めると、いよいよおかあたんの子宮から精神的にもでないといけなくなります。

 

めんどくさくなってきたんで

 

やめます(^^)

|履歴:囚人のジレンマ解消には〜さんったら〜てゆえることが必要 ver10.00002

 

bedroomtourist.hatenablog.com

 何故か一年以上も頓挫した。本当はここからが重要だというところで。

社会システムにおいて資本流動化が人々を不安にさせ、入れ替え可能性がおきちまうこのご時世、ゲーム理論でいうゼロサムゲームでは囚人のジレンマという誰も得しない、誰得なの?状態が起きやすい。

ここで囚人のジレンマの簡単な説明・・・・

 

わかったかな?

ということで、個人のパーソナリティ履歴はSNSではわからんのだ。

会話のゲームを続けていくうちに、ラカンでいうイマージュ、その人のイメージができあがっていく、今付風には忖度とも言えるが、これが資本流動化で抹殺されてしまうのだ。

例えば、あの人ってこういう人!ってゆうイメージは、あうんの呼吸みたいな感じで例えばカラオケであの人がいつも歌う曲をこれ、みたいな感じでDJみたいに言わなくても選好(好き嫌い)がパレート最適されている。

例えば、ものすごいセクハラ発言を男が朝日新聞の女記者にしちゃっても、パレート最適された会話のゲームの履歴を持っていれば、もー財務次官さんったら〜いつもそんなことばっかりのパティーンですか?みたいにパティーンでコミュニケーション的行為の継続を済ますことができるのだ。

これらは信頼関係によるものだが、ひとえに信頼とはなにか、といえば、結局は、それまで会話してきて培ってきたお互いの行動パターンの熟知ではないかと考える。

資本流動化はそれらを一切買収してしまうのだ。

中継ぎ早になってしまったがこれが大事なのだ。ハーバーマスはまだ読めていないがこれが大事なのだ。

すべては行動経済学ではナッジにおいて陽転する

もっとわかりやすく

え?そーだね、あれだよ、あれ、捕まるでしょ?捕まったことないか?んじゃなんにしようか?うーん、誕プレにしようか?え?だめか?まいいじゃないか、良いジャマイカ

誕生日プレゼントって難しいよね。

やめよう。これはだめだ。

例えば、部下と上司、朝日新聞記者(女)とEX財務次官が、捕まるとするでしょ?

んで、さEX財務次官がいつもやっていることを女は熟知しているわけですよ。

おっぱいも揉んでいない仲なのに、それ以上に日夜二人は、戦友のように半ば、そう、かけがえのない時間を15年間過ごしてきた二人は、この時はあの人はこうする、とかあの時の場合あのひとならこうするだろう、という予測ができるのだ。

やめだ。

統合失調症の幻聴に関する考察 37???

これまで統合失調症の発生をカントの「純粋理性批判」から参照し、知性の整合性が矛盾した場合に理性が地平の演繹について絶対的(完全性)を取り出し、完全言語の単一性(つまりこれが統覚という)を保持する為であると考えてきたが、しかし問題の幻聴が聞こえるという現象に関しては全くもって説明ができない。そこで幻聴という感性を抽象度を変えて考え、情報の次元から、私達の物理世界に対する認知の仕方を統語論的に考え、幻聴とは、言語宇宙における、音楽の不協和音のようなものだ、というところまで至ったのである!

幻かどうかなんてもはやどうでも良く、デカルトが「コギト・エルゴ・スム」と言ったわけで、感じてしまったものはしょーがないのだ。そうなった場合、脳では真実もくそもねえ。問題は、聴覚も視覚も、味覚、も言語が連続体として世界を認知しており、それらの連続体の関係性で、音楽になったり、音楽とは前後の関係性であり、その関係性によって、嫌な気分になったり、射精したり、SEXしたりするのだ。

預言者は神の霊感を受けて書いている。

2018//4異常気象&大気汚染 ver02

earth :: a global map of wind, weather, and ocean conditions

北半球の寒気が異常に強く湾曲している。

 

4月なのに毎日が夏みたいにくっそ暑い!!!!!!

もはや異常すぎるともはや誰もその異常を指摘しなくなるMフーコーの常態化だ。アブノーマル異常が秩序から離れるとこうなる。人々は会話を駆逐され孤立する。社会システムはこれを容認できない。コミュニケーション的行為の自由はあくまでも「通常の社会」の範囲内でしか成り立たないのだ。

話はずれたが実は寒気が強いのだ。と考えられる。

f:id:bedroomtourist:20180404140639p:plain

原因

北極点にあるはずの寒気がなぜかロシアの不凍港ウラジオストックに?!

不凍港のはずなのに凍っちゃおうよ!!ウクライナGETできててよかったね!ロシア。まずカザフスタン上空とベーリング海峡上空のこの2つの気団がこうしている。

寒気が特別に強まっているわけではなく北極に留まっているはずの通常「青いビースト」が周辺に湾曲している。其のためには、まずベーリング海峡チュクチ海上空でとても強い気圧が北極海までに広がることで、北極にあるはずのビーストが徘徊しはじめるのだ。カザフスタン上空で湾曲して北極にいるはずの強い「青いケモノ」を刺激、鋭利な寒気団となり北極よりもウラジオストックのほうが寒くなったのだ。

それら2つの要因により、本来ならば気温のグラデーションがより濃密になってしまっている。カザフスタン上空で湾曲した寒気団は、赤道付近の暖気をかき混ぜ、まるで洗濯機のように常夏のトロピカル暖気の呼び水となっている。

つまり元来ならばサピエンス全史では、横に気温のグラデーションが緯度と共に暮らしていいるはずが、鋭利な寒気により縦に濃縮されていると考えられる(と思う)

ポールシフトか?

そんなことはなさそうだ。

南極点はオーロラと寒気団ともに留まっている。

f:id:bedroomtourist:20180404140703p:plain

f:id:bedroomtourist:20180404140717p:plain

 

そういえば・・・最近ロシアと中国は北極周りの輸送ルートを開発していたな・・・

まさか・・・・

あはははそんなことにコストかけるならツァーリ・ボンバを使ったほうが安上がりだ。

 

大気汚染の影響は

いまのところ、硫酸などの量子場物質の影響の確かな証拠はない。

ただこれまで長く観測してきた中でベーリング海峡の気流の湾曲は常であったし、中国からハワイのキャラウェイ火山約20個ぶんくらいの大気汚染を出す工場の粒子状物質が最終的に強い上昇気流としてたどり着いているのがこのベーリング海峡だと思われることだ。

グーグルで検索してPDFしかでてこない場合はそれはもはや学術的範囲になってくる。 

 

 

 

抑圧に関する考察03 (没

万能感

 赤ちゃんってさ、泣くよね。電車の中でも、泣くよね。そん時お母さんがうわああ泣いちゃったあああうひょおおおおめっちゃ迷惑やんけえええつってパニクってることよくあるよね。あれ母親のほうがちゃんとしてないと余計泣くからダメなんだけど、まあしょうがないよね。赤ん坊電車ノンナ!みたいな空気あるけど、あの空気って何だろうね?空気に関しては山本七平「空気の研究」

 広告

まあでも赤ちゃんのときは泣いてたらオカンがなんでも言うこと聞いてくれるわけよ。泣くってのは抑圧された性的衝動を表現していることだからね。でもこれっていつまでも続くわけじゃないわけよ。大人になるにつれ、ちんぽやマン毛が生えてきたりするわけじゃないですか皆さん。ちんぽビンビンになったりマン毛から何か液体が出たりしちゃうわけじゃないですか。これって罪みたいに感じるのは聖書で創世記で書かれているんだけど、へびが善と悪の知恵の木を食わせて、辱めという罪の知恵を覚えてしまったわけです。(創世記?:??)モーセのじゅっかいでも精液を出すのはあかん、と書かれています(出エジプト記?:??)

まあどうでもいいわけですよ。問題は、そこじゃないわけね。

大人になると無理なこと増えてくるわけですよね。例えば森羅万象を操作できないとか。社会の中で歯車にならないといけないとか、そういう赤ちゃんのときに満たしてた欲望がすべての欲望が満たせなくなっちゃうわけですよ。

これをジャックラカン象徴界でのファルスの去勢と言っています。

 

ファルスギンギン!!

ところでさあ、話変わって、ダンスってなんだろうね!昨今にわかに巷でうわさになっております改正風営法問題でも、いきりにダンスが射精なみにイケない罪みたいに取り沙汰されるているわけですが、ダンス踊るって非常に非日常的ですよね。明治以降の日本でダンスを踊る機会って盆踊りとか文化祭みたいなお祭りハレの日ユカイの日じゃないとダンシングしないじゃないですか。社会学者のデュルケームはハレの日とか言うたり集団的沸騰が社会の変革を促すみたいな。

これはハレの日とけの火を作って、日常と非日常を演出し、最終的にこの社会は我々は同じ人間だということを確認する祝祭を設けることで日常のほうが生産性あがるわけで。労働力の再生産と安定したパーソナリティの獲得のためには社会システムがそれを容認しなくてはいけないものですね。

 

音楽って、音だけではなく、文脈 between sentenceみたいなところの関係性みたいなところで気分がウキウキしたりするわけですよね。

例えば、社会的関係性が著しく変わる時ってウキウキしますよね。大学に受かった!とか、ダンスしたくなりますよね。去勢されたファルスがいっとき一部分だけ戻ってきたなーみたいな。今ならなんでもできるわーみたいな。大学に受かっただけで、この漠然として全体像が見えないしかし如実に皆が帰依している「国家」や「社会」に、そうまるでカフカの城のようなものに、あなたはOKですよどうぞ!あなたは選民されたましたから。といって許可されたように思いませんか。実は大学にうかるまで、ずっと性的衝動を抑圧されていたんですよ。そしてその抑圧がなくなり、性的衝動を表現できるようになったわけです!思わずダンスしちゃいますね。バイオパワーがなくなり、今ならどんな祝福でも全任されているようで。まあつまり、ここで明らかに社会的な関係性が変わるわけですよ。これでお前らとは違うわけだ!!あはははって。社会的関係性が変わる時って性的衝動&性的興奮しますよね。

性的衝動って何?シコシコだけじゃなさそうだね・・・うむむ

 

つづく