ストレートネックで首ガッチガチやぞ!(くやしーです!(仮)

testだんかいでえす 現在TEST段階は1.00.03くらいゴールがどこかわからなくなってきているので3年くらいTESTかも笑

ハードボイルド21世紀

5月6月。7月。
21世紀の初めての夏だ!!!
21世紀の夏!!えいえんんの夏。
サマソニ01 フジロック01

しかし、精神的におかしくなったひきこもりにとって無縁だった。
そんなひきこもりのぼくには、さまそにやフジロックは雑誌やTVの世界の話。
それが逆に抽象度を上げることのひとつにもなった。

TVは家にあったので、TVばっかりみてた。
しかも若干意識高いひきこもり生活だったので
BSでアメリカのCNNの番組とかを、英語の字幕で見て
英語の勉強をずっとしていた。
意識高いひきこもりの英語勉強生活は実はかなり、かなり長く
一度目の不登校になった中3から、この2013年現在はDR苫米地流かもしれないが
それ以前からヴィデオの英語字幕で英語を勉強していた。
これは一回目の初歩的な感じで、
21世紀になってからはすごくて、
NYの帰国子女達の出会い(ネット上)もあったので
ほんとに気分的に日系アメリカ人だった。宇多田ヒカルドラゴンアッシュという
90年代サブカル最終極点のゴール的ポップアイコンも相まってるのもある。

ほんとにこのときには日本人を意味嫌ってたので(民度が低いので)
ひきこもり生活の中で唯一他者とかかわっていたのは
NYか、サウスカロライナかとりあえずアメリカの日系か、帰国子女の
女の子とMSNメッセンジャーでやりとりするくらいだった。
たぶん、バイトなどをやめてからのぼくは、ひきこもりのターボさに拍車がかかって
勢いのあるひきこもり、というか石の砦のがんくつ王的な、退廃的、かつ、厭世的な
感じでダンテ「ファウスト」のような感じで、ひきこもっていた。
俗にいう「現実逃避」である。

なので6~8月くらいまで、他人と言葉を交わしたのは、
このアメリカのMSNメッセンジャーの子だけ、のみ、だった。ので
それは、かなり、あの事件はきついものがあった。
日本人なのに。よくわかんないが。

そのわりには、なんかZONEとか、ひかわきよしとか、どっちかってゆうと
邦楽のほうが夏の印象はあった。な

サマソニには、Primal Screamが出てたんだけど!
ロキオン山崎さんのコラムで、「かっこよかっただだった!」と書いてて
特に初期PILの冷たい攻撃性のあるポストパンクで
「ボムザペンタゴン」「ドレスデン」など
だと。

イタリアローマ教皇のグレグリオ暦を採用する国家は新しい千年期である2000年
その2000年の前に、宇多田ヒカルドラゴンアッシュ、ケミカルブラザーズと
どんどん広がっていって
このとき3つしたのNY帰りの帰国子女の女の子と良く話していた
(ま、これもネット上なので)
、それまでの儒教支配的な日本国の文化的カースト制度から逸脱したような
話の内容を聞くたびに、感動して、で、なんか今までの価値観がかなりぶっとんだ
その中に、WTCの話もしていたので、
21世紀のからになった夢の亡霊がWTCには実はボクのなかにあったのだった。
よくわからないと思うが。

8月のあの夏は、
ひたすら、天空の成層圏で燃え尽きるような現世のソウルのような
黄泉の国のような、薄いシャドウの夏のイメージで

うーん。

ちなみにこの頃 5~8月には、アーティスト名になる
曲を作っていて、ベッドルームミュージックなんかぶっとばせ!ということで
「bedroom Music Shaker」という曲があります。 なにその名前って。