職業の専門分野

職業は神の道具として、地球で奉仕する人間である。
これがプロテスタント精神。

職業を専門特化することで、孤立化があり
個人は個人になる。
それまでの職業共同体にあったギルドや、村はなくなり
帰属意識は、職業によって、はじめて帰属できる。


かんたんにいうと、

よく仕事をしたことで、一日の終わりに、わたしの今日のいかに効率がよく
道具として作業したか、が倫理と照合したとき、帰属意識として
帰結できるのだ


さらに、専門になると
ピザを宅配するという職業ができる
神の道具は、ピザというものを宅配するという分野まであるのだ。

こうして分業が発達すると
個人は孤立化
話ができないなどという、精神を孤立できる、

人間は神の被造物だからだ。