たまには許してやれよスガ政治。ファミチキくってさ。

testだんかいでえす 現在TEST段階は1.00.03くらいゴールがどこかわからなくなってきているので3年くらいTESTかも笑

YAHOO掲示板

ボーンスリッピー 2006/ 7/13 0:20 [ No.1 / 226 ]

投稿者 :
primalschool34



ちょうど10年前に「ロングバケーション」とゆうドラマがあった。
同じ夏にシングル「ボーンスリッピー」は発売された。
そしてその同じ夏に「フジロックフェスティバル」が始まり
「RAINBOW2000」があった・・・・

あの頃がむしゃらに何かに向かって頑張っていた気がした。
何かに夢中になれて、何かに夢中で頑張って走ることができた。
どこへ向かって走っていこうとしたんだろうか?

それはこのトピが終わる頃ぐらいに明らかになるだろう。

テクノから新実存主義
テクノ板低迷を超えて 2006/ 7/14 1:40 [ No.2 / 226 ]

投稿者 :
primalschool34



思い返せばあれは4年前だった。エイフェックスツインの「DRUQS」が発売された頃、ある神話は崩れていった、徐々に。あのアルバムが発売された頃、皆は肩を下ろし愕然と失望するほかなかった。その頃丁度同じ時期にケミカルブラザーズの「COME WITH US」も運悪く発売される。このアルバムに対する皆の反応もエイフェックスツインのそれと同じようなものだった。そしてとどめのアンダーワールドのニューアルバムも発売される。
どのアルバムも新機軸となるサウンドを鳴らせてはいなかった、いや逆に彼らの焼きまわし的なサウンドにとどまっていた。
それまでのテクノは人類の科学の発展と共に歩んできたと思う。
WINDOWS95が発売された頃からにわかにテクノが騒がれ始め
人々が手軽に携帯電話を手にするようになってビックビートやドラムンベースがにぎわいだした。

エイフェックスツインが「DRUQS」を発売した頃のインタビューで
新機軸となる路線はあるのか?とゆう問いに、あいまいな答えを出した。
僕はもうないんじゃないかと思った。
テクノはここで終わるのか?2002年でと思った。
それがとても苦痛だった。自分の大事な部分をもぎとられようとされてる感じがした。誰も認めたくはなかった・・・・。

僕が思う公の掲示板であるヤフー掲示板のテクノのカテゴリーが一時期3つしかなかったときがある。ある意味象徴的である。

今一度、あの頃の賑わいとはいかないが、何かテクノ自体に恩返しができないかと思い、このトピを立てた。
今まで何度かこのカテゴリーでトピを立ててきた。
そしてこのトピ自体は僕の希望であり願いである。


テクノっち8登場!! 2006/ 7/14 23:51 [ No.3 / 226 ]

投稿者 :
meckingnouth3412



2002年日韓W杯が開催されてた頃、突如彗星のごとく現れたキャラクターテクノっち。もはや誰も確認できないが、一回目「もし?!いたら困るクラブでこんな奴!?」「ぶっとばせ!!テクノで政党を」「ケミカルブラザーズのベストによせて」「フルレンパーティーレボリューション04」「淀ロックフェスティバル」「テクノを超えたあの場所」であしかけ4年やっとります!!すげえ。思い返せば、今年W杯だよ。こち亀のいがらしみたいなもんか?笑
そのキャラクターは顔がエイフェックスツイン似で、頭がオービタル、とゆうかファットボーイスリム、天山っぽいとのこと。そしてその暴君ぶりを今まで発揮してきた。2006年、国際社会の中の日本、東アジアの日本の代表としてこのどうしようもないうだるような夏の暑さのなか、一時期ミニバブルだとか騒がれたけど、結局何にもかわってねーじゃん、っつか日銀総裁なに儲けてるんだよ的な、テポドンはとんできそーだし、イスラエルはまた戦争はじめるしIQサプリじゃまだ一回もすっきりしたことのないし。そんな混沌とした日本を救う奇跡のキャラクターテクノっち8!!登場です!!

テクノっち8「これ無限ってよむねん」

ケミカル「あー横ね
アンダー「わかるわかる

果たして2006年に奇跡を呼び起こせるのか!!そして超ひも理論を超えることができるのか!!タイムマシンも発明できちゃうのか!!そんな夢は全部テクノっち8がもってきてくれる。はぁはぁ・・・・

テクノっち8今の日本を考える 2006/ 7/15 0:22 [ No.4 / 226 ]

投稿者 :
primalschool34



テクノっち8「そやな~、あついよなー。とにかくガリガリくん食うしかないよな。

問い1テポドンが日本国土をうってきたら、どーなっちゃいますかね?

テクノっち8「うったらええやん!!べつにしらんし!!うちはやめてや!うちの近所のあのおばはんところ目掛けて、ジョン○ル撃ってや!!」

問い2中国とロシアがなんか怪しいんですけど・・・・

テクノっち8「えー、ロシア、と中国?ロシアと中国?あやしいなー、あいつらなー、悪いからなー、拒否ったらこっちも拒否ったれや。なんや知らんけど暑いわ~、クーラーつけよかな」

ロシアと中国は悪いんですか?

テクノっち8「誰もそんなんゆうてへんがな

問い3たばこの税金があがりました、禁煙すべきですか?

テクノっち8「たばこー?そんなんな。すいたかったらすったらええやん!!すわんかったらすわんでええやん!!しらんそんなん!!」

家計にひびくんですけど・・・

テクノっち8「900万やるわ!おら!ドカこれでたばこ買え

問い4駐禁が民間になりました困ります

テクノっち8「しらんわそんなんひいたったらええねん、これ僕のくるまちゃいますー、友達の車ですーゆうたらええねん、ってか900万やるわ

問い5 あやかちゃんは川に落ちたといってますが

テクノっち8「自分が落ちたらええんねん

問い6TVがおもんないです

テクノっち8「スポンサーなんかいらんやろ!!なんかよう、パソコンは一家に一台ないけど、TVはあるやろ?沖縄から、変な民宿まで全部。TVってそんんだけ力あるってことやねん、もーなんでもええからおもろいことやったらええーやん、っつか何がおもろいかもわからんよーなってんのちゃうか?

問い7日本は関係ないんですけどジダンがづつきしました

テクノっち8「ジダーン?ジダンちゃ~~。

問い8この企画自体ぐたぐたになりましたね

テクノっち8「すまん、力が及ばなかったし問いが思いつかなかった。あまり降りてこなかったな。でも投稿しちゃうんだろ?せっかくだから
アンダーワールドは普通のテクノになっては 2006/ 7/15 21:51 [ No.5 / 226 ]

投稿者 :
primalschool34



ダレンエマーソン・リックスミス・カールハイドの3人からなるアンダーワールドから我々は沢山のことを学んだと思う。その一つに「妥協しない美学」とゆうものがあったはずだ。我々はアンダーワールドに魅かれる魅力の一つにこの美学とゆうものがあったと思う。アートワークから音楽、一貫して一つの美学が通じている。その完璧なほどのディレクションに僕はやられた。
その美学は「Dubnobass~」から「Beacoup Fish」まで続いていた。
しかし「A Hundred Days Off」からは少し肩の力を抜いたアートディレクションになっている。ある意味、そこである一つの守り抜いてきた美学は終わったわけになる。
その完璧さゆえに、本人達もさぞしんどい思いもしただろう。

そしてアンダーワールドは常にテクノではありながらテクノといい距離を置きながらテクノの真意を貫いていた。
もともとロックミュージックに裏切られてダンスミュージックに返り咲いたのだから、彼らの根底にはロックとゆう概念があると思う。あるがこそ逆にダンスミュージックに熱中できたのだと思う。
アンダーワールドが普通のテクノになっちゃいけない理由が、彼らはテクノではないからだ。ロックでもテクノでもヒップホップでもなんでもなく、自由なプロダクションを目指してきた。それこそ今のように固定された観念でロックがあるように、観念が固まっていくに従って、徐々に不自由になっていく。
だからヒップホップもある意味こうゆうものだとゆう観念が固まってしまえばそこでおしまいなのだ。エレクトロニカでもそうである。エレクトロニカになるには、こうで、こうゆう音色で、とか言っている時点で、もうそこから発展は望めなくなってしまう。その枠内で収まってしまうからだ。
アンダーワールドは結果としてテクノミュージック、ダンスミュージックをやっているが、本人達にとって自分らが作っているのは、皆に聞かせたい、皆が笑顔になるような、そんな曲をただ単に作っているのである
それこそ、サマーオブラブの頃、ロックが誕生したばかりの頃、ロックとゆうものはまだ生まれたばかりの赤ん坊のようになんにでもなれる自由な身であったと思う。それがTVやラジオに乗るたびに、ロックとはこうゆうものだ、と観念が固定化され、ひな形ができあがってしまう。
アンダーワールドは普通のテクノになっちゃいけない!

この世が終わる前に 2006/ 7/16 0:50 [ No.6 / 226 ]

投稿者 :
primalschool34



この世界が終わってしまうんじゃないか・・・。そうゆう悪い予感がずっとよぎっていた頃があった。「ケミカルブラザーズのベストによせて」とゆうトピをここで立てた頃だった。2002年の6月くらいから、世界の果てが少しづつ見えていく気がしていた。まるでトンネルの暗黒の中をひたすら歩いてる感じがした。そのトンネルの先は、真っ暗なのか?光があるのか?その頃ひたすら光を探しつづけた。この世界が終わってしまう前に。
何故あの頃世界が終わってしまうんじゃないかと思ってしまったんだろう?
ひとつはテクノが終焉を迎えようとしていたから。
この世界中から何も新しいものが生まれようとしてなくて、まるで廃鉱をずっと掘っていくような感じだった。味のないガムをひたすら噛んでいるような、あんこの入ってないアンパンを食っているかのような、虚無感を覚えた。
そして未来に対してひたすらおびえていた。
もう未来なんてないんじゃないか?
その未来は今ここにあるのだが。
2003年の9月、丁度そんな感情がピークに達していた。
その頃出された雑誌のインタビューで、ケミカルブラザーズが語っていた
「もうネタ切れで、自分達の焼きまわしをするのはやめないか」
やっぱりそうだったんだ・・・。自分が感じてたことは正しかったんだ。
そして同じ感情をやっと共有できたような安堵感を覚えた。
その安堵感は僕に「ケミカルブラザーズのベストによせて」とゆうトピを立てさせた。ケミカルブラザーズ、アンダーワールドのベストアルバム発売とゆうどう考えても前向きではないニュース対して絶望していた頃だった。
やがて安堵感は、幸福に変わっていった、この世界に生きる。
新しい世界が、ようやくトンネルの先の光が見えてきた。
その新しい世界とゆうのはこの現在2006年のことだ。
世界は終わらなかった。

幸せはほんのささいなことから始まった

台所のそこらへんの台所に転がっていた。

本当に些細な、生活の中に、まるで太陽のようにあたたかい場所があった。

それまで無機質な社会構造だった場所に、新しい生命の息吹を感じた。

例えば、夜の街、高層ビルのフロア。
例えば、おいしいものを食べたとき。

人間は意味もわからずに生まれ、泣け叫び、そして友にする仲間をみつけて。
そして共有する。共有することで孤独感が消え、やがて幸福が統治する。
アンゴルモアの大王がやってきたのは、その幸福を覚えさせるためだった。

ほんの些細な生活の一部から幸せは生まれる、ほんのささいな事から
幸せの糸口がみつかっていく・・・・
何だか良く分らない世界に対して 2006/ 7/18 0:31 [ No.7 / 226 ]

投稿者 :
primalschool34



最近の日本はちょっとおかしい。と、そこまで誰でも言えるものの、何がどうおかしいのか具体的に言えたためしがない。最近の日本はどうおかしいか?
一本の筋が通っていないのだ。
文化にしろ、時代の流れにしろ、エビちゃんにしろ、売れてるものにしろ。
何か根元にある根本的な問題を見放しているかのように思える。
この大量消費社会に記号として消費されていく商品達は、異常なまでに早く消費され、次はなんだ?と追い立てる。と書くが、最近この消費のスピードにおいてそんなに早くなってないんじゃないかと思うところがある。
意外と、長く商品価値が保たれているような感じがする。
テポドンにしろ、ジダンにしろけっこー長く話題になっている気がしなくはない。
と、まあこのように一概にこうだ!とは断定しにくい世の中になってきていると思う。なので、ついつい2ちゃんねるなどやMIXIなどを見て、皆の意見を参考にして、自分自身を安心させようとしてしまうのである。

そんなよくわからない世の中だけど、ひとつだけ信じてほしいものがある。
このトピックだ。そしてこの僕自身である。
ライブドア騒動でかなり動揺してしまった過去があるが、僕にはまだ不感症になっていない、感性が残っていると信じている。半ば無理やりだ。
そんな確証なんてほんとに何にもないが、僕の感性だけはまだ、宇宙の果てと交信できると信じたい。僕自身も自分自身とゆうものに頼り、委ねているのだ。なんか恥ずかしいことを書いてしまっているが、こうでも書かないとこの不透明な時代に一筋の光はやってこないと思うからだ。
お前は恩着せがましいなとゆわれてもかまわない。
たまに意味不明な文章を書いてしまったりするが、ここにある未来を皆さんに伝えたいからだ。僕の外枠のほんの一厘にかすかな未来が見えるのだ。

だから真夜中、うろうろとネット上を探し求めて、最後にたどり着くのはここであってほしい。ここはアンダーワールドの音楽がそうであったように、全てを超えた場所になってほしいのだ。
皆さんにとってここがそうなってほしいし、自分自身にもそれは言える。

未だ、このトピックがへんな魔力を持っているとは思えないが、やがてここを見る人見る人の期待が塊になって、ここをすべてから超越した場所にしたいと思う。

どうかこのトピを会社が終わってからとか、休憩中にとか、寝る前とかに読んでほしい。それで少しでも希望を持って明日に備えて欲しいと思う。

時間ってゆうものはダイアモンドでも粉々にしてしまう。2,3年で今まであったものもなくなってしまう。この何ヶ月でも変わってしまったことは沢山ある。そんな世の中だけど、せめて自分自身だけは変わらないでここいようと思いたい。HERE TO STAY

伝説企画!!ケミカル×アンダー対談 2006/ 7/18 1:15 [ No.8 / 226 ]

投稿者 :
primalschool34



テクノっち8「はい、とゆうわけで、このまま皆にまた平日突入されてもいやなので、なんかおもろいことやろっかなと思ったけど、結局朝生もリミックスもおもんないから、そうだアンダーワールドとケミカルブラザーズを対談させようと思った、テクノ。しまった!!俺語尾にテクノってつけなきゃいけないキャラだったのすっかりわすれてたテクノ」

テクノっち8「はいとゆうことで、10年前について話してくださいテクノ」

アンダー「10年前っていわれてもなー」
ケミカル「そうだよなー、10年ってけっこう経つよ?」
アンダー「まあ色々あったなぁ」
ケミカル「アンダーさんは何がありました?」
アンダー「僕?僕はねー、ダレンがキレて脱退しただろう、あいつまだリックの悪口ばっかり言ってるんだよ。ボンスリのタイミング違うだの」
ケミカル「あーあいつこの前コンビニで見たよ」
アンダー「何してたんだよあいつ」
ケミカル「なんか・・・なんか買ってた」

テクノっち8「なんか降ってこないので、ズバっと質問いっちゃいましょう。10年前は良かったですかテクノ?」

アンダー「良かったなぁ、なんかメインステージにいるときでも、いないときでも、なんか皆が頑張ってた気がする」
ケミカル「したした、何かが起きてるぞって感じがしたね、アクトとして出演している時でも、そうでないときでも」
アンダー「正直、あの頃に戻りたいよ・・・俺・・・」
ケミカル「お・・・おれも・・・」
アンダー「しくしく」
ケミカル「なんでこんな世の中なっちまったんだ!!!ちくしょおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!」
アンダー「この俺達の目の前にある意味分らんテーブルぶっこわしてやる!!」
ケミカル「うらああ!!」

テクノっち8「これも使おうぜテクノ」

ケミカル・アンダー「そ、それは!!」

テクノっち8「通称テポドン

ケミカル「そ、その噂のテポドンをどうしようとゆうわけだ」
アンダー「ま・・ま・・・まさか国会議事堂に??」
テクノっち8「国会議事堂も普通やなー、なんかもっと効果的な場所は狙えらへんやろか?テクノ」
ケミカル「○朝鮮とか」
テクノっち8「遠い、ってか急に怖くなってきたので、国会議事堂にしよう」

そしてテポドンは国会議事堂に落とされました。

コイズミ「うわあああああ!!!いいhじゅじおkふじこ」
アベカンボウチョウカン「しぬうううううう!!」

ケミカル「やっちゃったYO
アンダー「どうすんだよこれ。俺しらねえよ」
テクノっち8「逃げよう」
ケミカル「ま・・まさか・・・南の島へ」
テクノっち8「そうだな」
アンダー「もはやこれは対談ではない」
テクノっち8「そうゆうなテクノ」

TVから報○ステーションが始まる

古館「今日5時34分。東京都内において未確認のミサイルが着弾しました。
これによって、今のところ死者12名、負傷者219名・・・・」

アンダー「人殺しちゃったよ」
ケミカル「やりすぎたな」
テクノっち8「お・・・おれしらねえテクノ」
アンダー「おい、自分だけ逃げる気かよ!!」
ケミカル「ちょ!ちょまてよ!!」
テクノっち8「おれしらねーもん、まじで。お前ら二人が悪いんだよ、俺なにもしてねえもんテクノ」
ケミカル「お、おれもしらねえ」
アンダー「ま、まてよよくよく考えたらいいだしっぺはお前だろ!!」
テクノっち8「いてええ!!なにすんだよこのやろおお!!」
アンダー「うわああ、やりやがったなこいつちくしょおお」
ケミカル「うわああああ!腕の骨が折れた!!!」
アンダー「うわああ目から牛乳でてきたああ」
テクノっち8「うわあああ!これどうすんだ!投稿しちゃうのか?これ投稿していいのか!?」
ケミカル「うわああわかんねええ。こんな意味不明なカキコ、テクノ板にあっていいのか?」
アンダー「わからねええ。もう何も分らないし、聞こえないし、見えない」
テクノっち8「もおおやけだあ!!投稿ボタンをポチっとな」

これはフィクションです。


宇宙へ家出くーん 2006/ 7/22 21:07 [ No.9 / 226 ]

投稿者 :
primalschool34



宇宙へ家出くん、もし君がこれを見ていたら早急に書き込んで欲しい!!
僕の力だけじゃだめだ!力不足だ。
君の力を貸して欲しい。たのむ、このまま2010年を安心して迎えるには君の力が必要なのだ。もーみてねえかな・・・

なんか最近時間が 2006/ 7/23 0:57 [ No.10 / 226 ]

投稿者 :
primalschool34



最近思うんだけど、あっとゆうまう間に時間がたってしまう感じがする。
そのあっとゆう間ってゆうのは、なんてゆうか、ただ川の水のように時間が垂れ流しで、ただ時間が過ぎていくだけのよう気がしてならない。
昔は、この瞬間に、とゆう大切な時間があったはずなんだけど・・・。
苦しい時間も、楽しい時間ならあっとゆう間に過ぎてゆく。
こうやって書いている時も、昔なら時間にあるポイントを作れたはずだった。
音楽チャートにしろ、雑誌にしろ、みんな、この2006年をただ過ごしているだけのような気がする。果たしてこの先ちゃんとした未来が待っているのだろうか。それを皆待っているだけなのだろうか。
ほんとにそうなら、是非その未来を待ちたい。
しかし、今生きている意味はなんなんだろうと思う。
生きること自体の意味を考えてしまう。
どうせ生きているんなら、何かを残したいと思うし。それがこのトピックスの存在理由でもある。
この時間の流れに逆らって、ブラックホールを作るのだ。
そして再び、この瞬間に生きれて良かったとゆう時を作るのだ。
それがテクノでもレイヴでもいい。なんでもいいから。
このまま垂れ流しの2006年夏はいい加減イヤだ。




魔力が足りない 2006/ 7/24 1:47 [ No.11 / 226 ]

投稿者 :
primalschool34



なんでだろう、いつもトピックを立てるたび変な魔力がトピックにつくんだけど。前回といい、今回もめっちゃ魔力が足りない。たぶん見てる人が少ないからだろう。
また最近思うんだけど、ネットに繋げる人少なくなってきてるんじゃないかと思う。いや、このネット人口は増えているんだけど。そこで活発に意見を交換するとか、ネット上のコミュニケーションをする人が少なくなっている気がする。皆何をしているんだろう・・・。余暇は誰にでもあるはずなのに。
たとえ9時5時で働いていても、確実に20分はネットを見る時間はあるはず。昔はそんなネット自体に魔力があったもんね。

見てくれなきゃ意味がない。

なんか昔見てくれてたFMのDJの人も見てない気がする。
宇宙へ家出とゆう方も見てない気がする・・・・。

もうインターネットとゆうものには陰りが見えたんだろうか。

でも絶対ネットはつなげてるはずなんだよな・・・・。

どうにかしてもっかいこのテクノのカテゴリーに人を呼ぼう!!

そしてムネオハウスを下火にしたような魔力のあるトピにもっかいなりたい。
(それは定かではないが、確信はもてない)
それは無理でもポスト実存主義を作り出すようなトピックになりたい。




地よい騒音 2006/ 7/28 0:09 [ No.12 / 226 ]

投稿者 :
primalschool34



村上龍氏による文章から抜粋

今、おそらくほとんどの日本人が言葉にならない不安感を持っているのではないでしょうか。 変化を実感しながらも将来の展望がなく、不安を抱きながらも危機感を持つことができないでいるような気がします。
そういった状況は、今までのようなトップダウン型の指示だけでは打開できないのかも知れません。 大事なのは、目先の解決にだけこだわるのではなく、わかっていることと、不明なことを、 とりあえずはっきりさせることだと思います。
しかし既成のメディアがその役割をきちんと担っているとは思えません。 メディアは金融界と違い、日本語に守られていて、「競争」がないので、遅れているのです。


とゆうことでややこしいことはいいとして、簡単にゆうと、どうにもこうにもしようがない毎日を送っている我々だ、とゆうことである。
毎日は過ぎていくので変化はするものの、変化することで将来どーなんのかとかそうゆう希望が見えない、希薄だとゆうわけだと。
その変化による希望を見せんのが、メディアじゃないか、TVだとか。
それらが、対応してないから、僕はここでトピックを立てつづけるわけです。

そしてまた皆が笑って過ごせるように、この毎日を変えてやろうじゃないってわけですよ。そんなん無理かもしれんけど、何もせんよりかはマシじゃない?
テクノは関係ないけどさ、ある意味テクノからじゃなきゃ発展しなかったことかもしれないんだ。
とりあえず明確なことは、テクノのカテが下火だ、とゆうこと。
とゆうよりもテクノ自体がどうにもこうにもだとゆうこと。
VITALICとかいいのはいてるんだけどねぇ。


フジロック10周年!! 2006/ 7/28 21:03 [ No.13 / 226 ]

投稿者 :
primalschool34



なんだかそわそわするなぁ。そんな3日間が始まった。いってもいかなくてもそわそわする、なんだか苗場で楽しいことが起きていて、皆が騒いでいる。

こーゆーのが、一年中あったのね、96年ごろは。

なにはともあれフジロックフェスティヴァル10周年おめでとう!

テクノっち暴れる1 2006/ 7/30 20:58 [ No.14 / 226 ]

投稿者 :
primalschool34



テクノっちが暴れてるようなのでアンダーワールドさんが様子を見に行きました

テクノっち8「うおおおおおおテクノ!!」
アンダー「どうしたんですか?」
テクノっち8「いつまでこんなクソみたいな生活せなあかんねん!!もうええわ!!もう殺してくれ!!っつーか死んだる!!おまえもなしねや!!テクノ」
アンダー「いや、どうしたんですか?何があったのか教えてくださいよ」
テクノっち8「あのな、よー考えてみろや、こんな家畜みたいな奴隷のような生活をしていて、皆はなんで爆発せんねん。おかしーやろ。めしを食うためには仕事せなあかんし、休みの日でもTVはくそつまらんし、何より今の時代には暗黙の不安があるテクノ。皆は口にしないが、心の中ではどうしようもないとゆう気持ちでいっぱいテクノ。このまま何も楽しみがないまま人生を送っていていいのか!!何もないテクノ、今の時代は何も希望がないテクノ!!もう殺してくれ!いっそのことテクノ」
アンダー「まあまあ落ち着いて、気持ちはわかるけど、これでも飲んで落ち着くんだ」
テクノっち8「これは?テクノ」
アンダー「からだ巡り茶だよ」
テクノっち8「あぁ広末涼子がCMやっている、WEBで現状を公開している・・・落ち着くテクノ。ある程度落ち着いたテクノ」
アンダー「よかったよ、まぁ落ち着いて話そうよ」
テクノっち8「とにかくね、今の時代はヒーロー不在の時代なんだテクノ」
アンダー「あぁわかるよ、ヒーローがいたらある程度希望もたくすことができるしねえ、シッセにしろ、亀田にしろ」
テクノっち8「あとお笑いに関しても、死ぬ気でほんまに笑わそうとしないとダメだテクノ。マンガに関しては、もっと周りを観察するテクノ。音楽は死ぬ気で演奏しないとダメだテクノ、テクノに関してはもうどうしようもないテクノ」
アンダー「なんでその話になるのかよくわからないけど、わかるよ」
テクノっち8「とりあえず、何か閉塞感はないと思わないか、この2006年夏にはテクノ」
アンダー「同感だね。何かよくわからない閉塞間が存在しているよ、どうしてなんだろう・・・・・おかしい・・・今の時代おかしいよ、おかしいよおおお!!!」
テクノっち8「そうだろ!!そうだろお!!テクノ」
アンダー「おお!!俺もそう思うよ!!テクノっち!!しかしテクノっちも普通の生活をしているんだなと思うと夢が壊れるな、いやそんなの関係ねええ!!」
テクノっち8「そうだろ!!俺も実は普通の人間だったんだよ、今だけ。ほんとはテクノ星の住民なんだけど、今は非常事態で地球で暮らしているテクノ!!いわばスパイテクノ、工作員テクノ」
アンダー「テクノっちどうしよう?この現状を打破するには」
テクノっち8「新しい発明が必要テクノ。空飛ぶ車とかテクノ。しかしそれは無理だからテクノ何か大きな集団をつくるテクノ」
アンダー「大きな集団?作るんだね!!」
テクノっち8「決して企業形態にはならないような、ただの純粋な集団を作るテクノそこで論議をするテクノ。今の現状について不明確な点について、ひたすら論議するテクノ」


テクノっち暴れる2 2006/ 7/30 20:59 [ No.15 / 226 ]

投稿者 :
primalschool34



アンダー「わかったよ!!テクノっち8、論議することである程度不安が共有されるんだね!!」
テクノっち8「今のお粗末な脳みそで考えれることはそれだけテクノ・・・しかし・・・また怒りが・・・くそおおお!!!なんでなんだああ!!」
しらないおっさん「な・なんだ君は!!包丁なんかもって!!」
テクノっち8「これで俺を殺してくれ!!テクノ」
しらないおっさん「無理だ!!そんなこと無理だ!!」
テクノっち8「もういい俺の人生はこれでおしまいだ!!(無理やり包丁を胸にさす)ぐあああああテクノ」
アンダー・しらないおっさん「てくのーーっち!!」
テクノっち8「血だ・・みよ血だ・・・おれはもうしぬのか・・・」
しらないおっさん「くそおおおお!なんでこんなことになったんだああ!!」
知らない通行人1「お前のせいだあああ!!グサ!!」
しらないおっさん「うわああああやられたあああ!!」
アンダー「知らない通行人って誰だよ!!っつかなんでこんなことになるわけ」
しらないおっさん「お前も道連れだ!!」
知らない通行人1「うわああああ、くそおお悔しいです!!お前も道連れだ!」
知らない通行人2「うあわああああ!!」
アンダー「また増えたよ!!知らない人が」
知らない通行人1・2・おっさん「命尽きる前に・・・・」
アンダー「そ・それは!!核ボタン!!なんで持ってるの?」
ポチッ

西暦2006年 その日地球からひとつの国が灰となり、崩壊した
地上からは草木は消え、あらゆる生命は生き絶え、まるで崩落した
廃墟のような大地があたり一面を広がった。
人類は再び過ちを犯してしまった・・・・。
世界の経済は混乱し、世界で同時の株価暴落を招いた。
そして世界中の人々が、平和を願った・・・。

アンダー「なんやこれ」
テクノっち8「これ投稿していいんか?」
アンダー「わからん」
テクノっち8「やっと梅雨明けしたね」
アンダー「そうだね」

8月!! 2006/ 8/ 1 1:52 [ No.16 / 226 ]

投稿者 :
primalschool34



梅雨も明け、いよいよ夏本番。8月になりましたよ、皆さん。
どう過ごされますかねえ。

ここで訂正を。フジロックがはじまったのって1997年だったんだね。
1996年と勘違いしてたよ。ありゃりゃ。
のっけから間違ってんじゃねえかよこのトピック。
なんかなぁ・・・・ 2006/ 8/ 2 3:07 [ No.17 / 226 ]

投稿者 :
primalschool34



なんだかなあ・・・疲れかな。このトピから何か生まれそうな予感が全然しない。なんつうか、いいたいことあんだけど、言葉にならないとゆうか。いいたいことはここにあるんだけど。
自虐ネタも書けないほど言葉にならない。
壁を目の前にしてぼーっと無抵抗でいてる感じ。
こう書いてても一行に解決しない。
全部が無言のうちにはいっていってしまう。

前回のトピならテクノは終わってねえよとか書き込みあったけど
それもない。

皆無言の仮面をかぶっている。

これじゃ到底すべてを超えた場所になんかなりようがないよ。


Re: ボーンスリッピー 2006/ 8/ 3 1:54 [ No.18 / 226 ]

投稿者 :
wouldyougiveme



あなたの声は聞こえる。
でもまだあなたの声は届かない。

バグダッドカフェ」の冒頭のように。

あなたは見つけなければいけない。
物語の始まる場所を。
神話へと至る道筋を。

Re:できそこないの赤ん坊 2006/ 8/ 5 3:49 [ No.19 / 226 ]

投稿者 :
primalschool34



>あなたの声は聞こえる。
>でもまだあなたの声は届かない。

そう届かない。確かに声は出しているはずなのに。
耳に目に、届かないのだ。
道端に落ちている輝く石ころのようなものだ

どうすれば声は届く・・・

>あなたは見つけなければいけない。
>物語の始まる場所を。

それはここからなのか・・・。

>神話へと至る道筋を。

やがて天国への階段へとつながるその道筋。
道のりは険しいかもしれないが
ここから何かがはじまらなくてはいけないのだ

かつてあったフィーリングを取り戻すために僕はやりつづける。
少しでもここに可能性を感じるのであれば、それに僕はかけたい
なぜ言葉にならないのか 2006/ 8/ 5 4:28 [ No.20 / 226 ]

投稿者 :
primalschool34



「何故不安や希望を言葉にすることが難しくなってきたのか」

テクノっち8「それは問題が複雑化しすぎて、こんがらがってんじゃないかと思うテクノ。過去に処理すべき問題が置き去りのままになって、そしてそれはシステムとして機能して、社会構造を作っていく。皆がこの社会構造に飲まれてしまって身動きがとれないテクノ」

「うーんそれが言葉にできない理由としては不適切だなぁ」

テクノっち8「なんで言葉にならないテクノか?」

「わかんない、言葉は今まで頭の中でスラスラと、とゆうか天から降ってきてたような気がする。それが今何も降ってこない」

テクノっち8「なんでだろうねテクノ」

「それがわかんないんだよ。どうしちまったんだろうね、そうゆうしかないんだよな」

テクノっち8「困ったテクノねえ」

「実際こうやって話していてても、何も解決しない感じがするんだけどなあ」

テクノっち8「そんなことはないテクノ!!少しでも解決の糸口になっていくテクノ」

「だいたいなんで一人で会話しなきゃいけないんだよ」

テクノっち8「そりゃ話す相手もいないからテクノだから一人で会話をしている風にやってるテクノ」

「お前も昔は神がかっていたんだぞ、なんか調子おかしいじゃねえか」

テクノっち8「僕も時代には勝てないテクノ」

「なんつうか、時間だけが解決してくれそうな気がするんだよな」

テクノっち8「時間が断つまで、僕達は立ち往生ですかテクノそんなのイヤだテクノ」

「この夏に決着をつけたいんだよな、僕的には。なんせボンスリから10年とゆうちょうどいい時期だから」

テクノっち8「でも全然みんなに、10年前の恍惚をよみがえらせてないじゃないですかテクノ」

「失敗してるよなぁ」

テクノっち8「っつかなんなんすかポスト実存主義って」

「わかんないけど、新しい思想なんだよ」

テクノっち8「わかんないわかんないばっかじゃないっすか」

「なぁテクノっち8、2006年ってこんな感じで終わっていいのか?」

テクノっち8「だめだテクノ今のままじゃ何も生まれてないテクノ」

「どうにかしてテクノからポスト実存主義につなげていきたかったんだけど
どうも調子が狂ってしなったな」

テクノっち8「ちゃんと言葉になってないからテクノねえ」

「じゃあなんで言葉にならないんだよ」

テクノっち8「ふりだしに戻るテクノねえ」

「よくわかんないけど、時代の波に飲まれている気がする。どうしようもできないような」

テクノっち8「これじゃ神話への道筋も遠いテクノ」

「神話ってのは大袈裟じゃないか。たかが新しいビジョンを提供するだけなんだから」

テクノっち8「まぁ・・・そうかもしんないけど。神話テクノ」

「オチどうするよ」

テクノっち8「なんか結局新しい突破口も開けずオチになりましたテクノ」

「サバナンなのネタでもやっとくか?」

テクノっち8「有酸素運動ですか?」

「あーもーどうにもこうにもだ。今日はこれでおしまい」