ストレートネックで首ガッチガチやぞ!(くやしーです!(仮)

testだんかいでえす 現在TEST段階は1.00.03くらいゴールがどこかわからなくなってきているので3年くらいTESTかも笑

世界の終わりとハードボイルド21世紀

決心してKIDAを買いに行った。

ライナーノーツがすきなのでそれを読みながら聞いてみたら

一回目にきいた、視聴機のと、家で聞く2回目では

まったく印象が違った。

なんてこった!!!

なにもかもが意味がない!!!!

全て意味ない!!!

4曲目のヴォーカルがはじまったとき、

なんか冥王星か、海王星から聞こえてくるような

宇宙人の歌に思えた。

それはミクロネシアに伝わるモンゴロイドの神話でてくるニガーの神様のような。

宇宙人が歌っているとしか思えなかった。

地平線は切り際立った岩が立ち並び、隕石が降り注いでいる

このとき田中宗一郎という人がいることを知った。

山崎洋一郎っていう人もいるんだ

ライナーノーツには

このアルバムために、「練習」もしたと書いてるのを見て

そんなことしたって全く意味がないよ!!!!!

なんてこった!!!

と思った。

窓の外は、なんんか、ミレニアムの狂騒で皆が毎日たのしげに宴を

やっているように感じた。

聞き終わったあと

こんな恐ろしい聖典のようなものはCDの棚の一番奥にしまっておけ!!

もう二度と触りもしたくない!!

聖典として

CDにはモノリスが21世紀になるまでずっとしまってあった。

このまま。

つづく