カフェの演目

プログラム、カフェです




あなたは今カフェで読書しています
お金もなくプア充。
はあみたいな、
せっかくきたから、読書の醍醐味、内部表現までいきたいです。

すると演目カフェに男女がはいってきました。うわー
とりあえず女の顔をチェックしたら
うわあかわいい。
緊張するー

読書しずれえ

しかしあなたは思いました

世界は幻だ
だから大丈夫。
読書に集中しょ

またあなたは思いました。


まて、そういやあの男女、気持ちよくデートして会話してるんだろ
だったら邪魔しないようにしなきゃ
それか
向こうにしたら
俺が幻
客の役をやっている

つまり

私は最大限に理想的な客の概念を演じれば、バレート最適化。
効用が最大限、社会にサプライできる


しかもなんか心地よい。
読書も集中できたし、カップルも
幸せ、
やったね
チャリが軽いよ