統合失調症の幻聴に関する考察09

Bedroom Tourist

2016/01/14 22:47  削除

 

統合失調症の幻聴に関する考察09

問題は精神がどうのこうのという問題ではない。何故、精神の失調をきたすと、幻聴が聞こえるという表象が現れるのかだ。ここには世界を認識する点において自然数などが鍵となってくると思う。例えば、両手の指の数は、10本だ。何故だろう?エリマキトカゲ自然数を数えたことがあるだろうか?たとえば、木の数。1本2本3本・・・・・・ω+1 ω+2

ということで01回から吹聴してきた、認識とはなにか、存在とはなにか、道具とはなにかですが。

どうでもいいですよ(だいたひかる

現在を認識するには、現実に現実存在がいなければならない。現実存在が存在し、現実存在が何かを認識する。現実存在が、現実存在ってさ、もし無くなったらどうなるの?たとえば、3時間後と3時間前が同じ時間に現実存在したらどうなるのかな。3時間後のできごとって知らなかったら現実に存在しないし、3時間前のことも知らなかったら現実に存在しないし。

経験したことを総合的に判断するしかないよね。経験してきたこと・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

皿洗いとか・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

・・・・・・・・・・・・・・

・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

        ・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・

    Upon Time

//////////////////.................

Moving ///////////////

..................................

///////////////////////////////////////////////////

Kindness

//////....................

..............................