ストレートネックで首ガッチガチやぞ!(くやしーです!(仮)

testだんかいでえす 現在TEST段階は1.00.03くらいゴールがどこかわからなくなってきているので3年くらいTESTかも笑

別に書くこともないんだが

そうである。上半期が終わり、2005年ももう半分にまできている。
いかがだろうか?みなさんは
あいかわらずギリギリの生活をしている人もいれば、
勝ち組のように優越感を覚えながら仕事している人もいると思う。
 
まぁ、ライブドアには直接には関係ないことを書くが
(そもそもそうゆう風なブログだったはずだ?いつのまに
 こうなってしまったのか)
このブログはヤフー掲示板の延長線上にある。
つまりテクノとゆう音楽のジャンルの衰退から絶望そして希望
までをつづった記録であり、旅でもある。
 
話は変わって、いつでも客観的な、一視聴者的な視点ははずしたくない。
それができなればおしまいだ。企業や、そうゆう業界に入れば
感覚が麻痺してしまう。
ウチの学校には元Pのバンドのベースが普通にエレベーターに
乗ってきたりすることもある。通常考えれば、すごいことだ。
だが、当たり前になると麻痺してしまう。
ただ、オーラだけは感じるが。だからこそ芸能人として大成したのだ。
 
ロッキングオン編集長、山崎は常に、今の世界から一歩引いた視点から
辺りを見るようにしているんじゃないかと思う。KIDA以降そうだ。
今月のスヌーザーを読んだ。パラパラっとね
タナソウもそうゆう客観的な視点ははずさないタイプ、いわば
時代をさきどっていく、先駆していくはずの人物だ。
しかし今月号にもなると、そろそろ臨界点が見えてきた。
毎日ある仕事に追われると、自分と向き合い、そして再確認する時間が
なくなってしまう。このブログも随分そうゆう場でなくなってしまっている。
 
俺が何故ヤフー掲示板でトピックを立てるか、それは時代の熱を感じやすいからだ。このブログに来る人は、ライブドア社員か検索エンジンで発見して来ている以外、誰も、とゆうかひんぱんに訪問してくれていない。
やはり時代の熱が感じられないのだ、ここは。
 
そもそもヤフーの掲示板で、テクノとゆうジャンルの衰退と共に
皆を駆り立てようと必死に頑張っていたころ、しらずしらずのうちに
毎日仕事をしている、業界に影響を与えていたのは隠せないだろう。
ヤフーの掲示板で昨年、民主党に投票せよと呼びかけたとき
民主党議席自民党より多くなったのは、あながち
影響があるとはいえないだろうか。いやそれは個人的な理想だ。
 
とにかく呼びかけることを続けることだ。
 
毎日消費されていくのである。日々は。そのつど新しい新鮮な
ニュースが人々には必要である。
なので俺は毎日更新を続けることを勤めた。
 
ハウスミュージックとゆうジャンルがある、テクノやトランスにもくくられるが
すべてを総括してエレクトロニカと海外では呼ばれている。
つまり電子音でつくられた、4つうちとよばれるキックがある踊れる音楽だ。
 
かつてハウスが持っている特有のヴァイヴを忘れたくないため
精神論で俺は文字にしてあらわしていった。
 
あのハウスにかけた愛情が今、俺をかりたて
そして、時代を見つめることができる。
 
時代を見つめる。なかなか難しいはずだ、こんなに忙しい毎日の中で
そんな暇をみつけることさえ難儀だ。
 
そろそろここらへんで話をやめようと思う。
山崎さん、ウチの学校にくるんだって?楽しみだなぁーくふふ。